村田諒太がゴロフキンと対戦!(12月29日、INさいたまスーパーアリーナ)

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(2021年12月29日)

村田諒太(帝拳)VSゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

両選手のプロフィール

村田諒太(帝拳)WBAスーパー世界ミドル級王者

18戦16勝13KO2敗 35歳

身長 183cm リーチ 184cm

村田の試合で一番驚いたのはデビュー戦です。いきなりOPBF王者の柴田明雄と対戦し、圧倒的な強さで2RTKO勝ちしました(2013年8月)。その後快進撃を続け、2017年5月にWBA世界ミドル級王者のハッサム・ヌダム・ヌジカム(フランス)に挑戦し、残念ながら2-1の判定でタイトル獲得はなりませんでしたが、10月に再戦し、7R終了TKO勝ちで、見事ミドル級の世界タイトルを手に入れました。ロブ・ブラント(アメリカ)との防衛戦でも判定で一度はタイトルを失いますが、再戦で2RTKO勝ちして、取り戻しています。

2019年12月初防衛戦を行ってから、2年のブランクがあります。このブランクがどう影響するのでしょうか。

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)IBF世界ミドル級王者

43戦41勝36KO1敗1分け、39歳

身長 179cm リーチ178cm

2006年のデビュー以来、圧倒的な強さでKOを量産していましたが、37戦目でダニエル・ジェイコブス(アメリカ)に判定勝ちして、連続KOは23でストップしました。38戦目(2017年9月)もサウル・カネロ・アルバレスと引き分け、再戦で初黒星を喫しています。最後の試合は2020年12月で、こちらは1年のブランクです。しかし、連続KOが止まったあたりから、ややかげりが見え始め、全盛期のパンチ力からは程遠いような気がします。

地上波放送はなし?

まさかまさかの地上波生中継がありません。Amazonプライムビデオが独占生配信します。WOWOWも放送なし、DAZNはまだ分かりません。国内配信はAmazonが独占していますが、海外はDAZNが200ヶ国に配信するようです。でもAmazonプライム会員なら、無料で見られるようですね。(*)パソコンで見ることにします。

それにしても、こんなビッグマッチが日本で開催されるのに、テレビで生中継を見ることが出来ないなんて、なんて残酷な仕打ちでしょう。おそらく放映権料があまりも高すぎて、採算が取れなのでしょうね。

村田のファイトマネーが数億円、ゴロフキンが11億4000万円という話です。

*ネットでAmazonプライムビデオを検索し、メールアドレスとパスワードを入力すれば見ることが出来ます。

展開予想

お互い前に出て戦うファイタータイプで、しかもオーソドックススタイル。序盤から噛み合うと思いますよ。パンチ力は互角じゃないでしょうか。パワーは村田の方があると思います。ゴロフキンはハードパンチャーですが、ボクシングスキルも高く、防御勘はゴロフキンの方が上でしょう。村田は被弾覚悟で前に出て、さて、ゴロフキンのパンチをどのぐらい耐えられるでしょうか。お互い確かダウン経験がないと思うのですが、間違っていたらごめんなさい。

意外と判定決着もあり得るよな気がします。いずれにしても、負けた方は引退するのではないでしょうか。

 

 

 

2 Comments

怒りの王子

いよいよ正式決定したので楽しみでしかないカードですね

フジテレビにも制作依頼だけはしたと本田会長が話したみたいですが、録画中継だけでもやって欲しいです

インファイトで左ボディやアッパー、コンビネーションで畳みかけるのが村田さんのポイントかなと

ゴロフキンはジャブでリズム作って左右のフックやストレートで攻撃するでしょう。

返信する
わしボク

全盛期のゴロフキンなら、とてもかなwないでしょうが、最近の試合を見てると、かなり衰えを感じます。
パワーで押し切れば勝てるかも、と密かに思っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)