尾川堅一が3度ダウンを奪って判定で王座獲得!VSアジンガ・フジレ(IBF世界S・フェザー級王座決定戦)

IBF世界S・フェザー級王座決定戦(2021年11月27日)

アジンガ・フジレ(南アフリカ)VS尾川堅一(帝拳)

両選手のプロフィール

アジンガ・フジレ(南アフリカ)IBF世界S・フェザー級2位

16戦15勝9KO1敗、25歳 

身長 174cm 左サウスポースタイル

唯一の1敗は、2019年9月にシャフカット・ラヒモフ(タジキスタン)と対戦し、8RTKO負けしたものです。このラヒモフは、尾川が8月20日にドバイで対戦予定だった相手です。直近の試合では、2021年5月にマーティン・ウォード(イギリス)に8RTKO勝ちしています。

尾川堅一(帝拳)IBF世界S・フェザー級3位

28戦25勝18KO1敗1分け1NC、33歳 

身長 173cm 右オーソドックススタイル

2017年にテビン・ファーマー(アメリカ)とIBF王座決定戦を行い、2-1の判定でタイトルを獲得したのですが、その後のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応が出て、試合はノーコンテスト、もちろん尾川の王座獲得は無効となりました。

直近の試合は、あまり褒められた内容ではありません。2019年12月のジョー・ノイナイ戦は負傷引き分けとなりましたが、かなり苦戦していましたね。そして、2020年10月の西谷和宏戦では、ダウンを喫しています。これはかなり効いていましたね。尾川の打たれもろさを露呈した試合でした。

今年の8月20日にドバイで予定されていた王座決定戦は、相手(シャフカット・ラヒモフ)のケガで延期になってしまい、ようやく今回の試合が決まったという次第です。

試合経過)

両選手とも前日計量を1回でクリアしています。なんとなくフジレの表情がさえない気がしますが、まあ写真じゃわかりませんね。とにかくやっと試合が行われるようなので、ほっとしています。

ただ、同じ時刻に、WOWOWオンデマンドで、フィゲロアVSフルトンのWBC・WBO世界S・バンタム級王座統一戦が、午後0時から、生配信されます。

両選手がリング上で対峙すると、やや尾川の方が大きく見えます。それと、フジレの顎がなんとなく打たれ弱そうに見えます。

序盤

お互いジャブを突きながら、様子を探っています。そして、2ラウンドあたりから、尾川がじりじりと前に出て、フジレをロープに追いつめます。しかし、左のカウンターがあるので、なかなかパンチが出ません。フジレは上体が柔らかく、ディフェンスもうまいので、尾川のパンチがヒットしません。

前に出るがあまり手の出ない尾川、下がりながらロープに詰まると左を放ってくるフジレ、という展開が続きます。

中盤

5ラウンド中盤、尾川の右ストレートがフジレの顎をとらえ、フジレがダウン!

残り1分、しかしフジレは必死で逃げてゴングに救われます。

その後はまた同じ展開が続きます。尾川が前に出て、ロープに詰まると、先に手を出すのはフジレです。フジレのディフェンスがうまいので、尾川はなかなか攻め切れません。それでも尾川に少しずつリズムが出てきて、手数も増え、逆にフジレのパンチに正確性がなくなってきました。フジレは少し腰が引けています。

しかし、フジレのダメージは8ラウンドごろからほぼ回復し、左のタイミングも戻ってきました。尾川は相変わらず、前に出るものの、手数が少ないですね。5ラウンドのダウンが帳消しになりそうな展開です。

終盤

フジレが逆に前に出てきました。フジレのパンチにはまだスピードもキレもあります。尾川は下がりながら、無理をせず、フェイントの掛け合いだけで、手数は少ないですね。思い切って右を打ち込んでほしいものです。このままだと、採点は微妙ですよ。

最終ラウンドは、セコンドにハッパをかけられた尾川が、また前に出ます。しかし、フジレも下がりません。そして、ラウンド中盤、尾川の右ストレートがジャストミート!フジレが膝をついて2度目のダウンを喫しました。かなりダメージがありますね。残り30秒弱。また尾川の右ストレートがフジレの顎をとらえ、下がるようにしてダウン!

立つな!と思いましたが、立ってきたところで、ゴングが鳴りました。

判定は3-0で尾川の勝利ですが、ポイント差は3~5ポイント。最後の2度ダウンがなければ、微妙な採点になっていましたね。ともかく、王座獲得、おめでとうございます。今度はドーピングで失格にならないようにお願いします。

2 Comments

怒りの王子

尾川さんの勝利は今朝の新聞で知りましたが結構デカく報じられてましたね!

あの時のドーピング違反もアトピーのぬり薬から出たとかで無効試合からの剥奪で・・・

それだけに今回の勝利は素直に嬉しいです。

返信する
わしボク

左のカウンターが武器背したので、なかなか思い切って攻め込めませんでしたが、「わしボク」としては倒してほしかったですね。
やはり、フジレの顎は細くて、尾川の右の餌食になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)