国内試合の結果まとめ(8月5日~6日)岩田翔吉、谷口将隆、小林豪己、国本陸、辰吉寿以輝、前田稔輝

目次

ライトフライ級10回戦(2023年8月5日)

岩田翔吉(帝拳)VSジェイソン・ブリーリョ(フィリピン)

4か月ぶりの岩田は、サウスポーのブリーリョの長いリーチに手を焼きましたが、6回に2度ダウンを奪って、TKO勝利を収めました。これで再起戦で2連勝を飾り、12戦11勝8KO1敗で世界再挑戦を射程にとらえました。

ライトフライ級10回戦(2023年8月5日)

谷口将隆(ワタナベ)VS堀川謙一(三迫)

元WBO世界ミニマム級王者が7か月ぶりの再起戦に挑み、5回に顎を負傷しながらも、何とか2-0の判定で、再起戦を勝利で飾りました。

WBOアジアパシフィックミニマム級タイトルマッチ(2023年8月5日)

小林豪己(真正)VSジェイク・アンバロ(フィリピン)

小林が初回に2度のダウンを喫し、挽回を図りましたが、3-0の判定で、2度目の防衛に失敗しました。

日本ライトフライ級王座決定戦(2023年8月5日)

芝力人(真正)VS大内淳雅(姫路木下)

芝より10歳年上の36歳、大内が打撃戦を制して8ラウンドTKO勝ち。5目のチャレンジで初めて日本王座のベルトを手にしました。

日本ミドル級タイトルマッチ(2023年8月5日)

国本陸(六島)VS酒井幹生(角海老宝石)

国本が3-0の判定で2度目の防衛に成功しました。

フェザー級8回戦(2023年8月6日)

辰吉寿以輝(大阪帝拳)VS山崎武人(泉北)

2年9か月ぶりにリング上がった辰吉は、1回に左フックでダウンを奪い、5ラウンドにラッシュを浴びせたところで、レフリーが割って入りました。これで、戦績を15戦14勝10KO1分けとしました。

S・フェザー級8回戦(2023年8月6日)

前田稔輝(グリーンツダ)VSマイク・タワッチャイ(タイ)

日本フェザー級2位の前田が元IBF世界S・バンタム級1位のタワッチャイを7ラウンドにKOで下しました。戦績は13戦12勝7KO1敗。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)