井上尚弥が8Rにやっと仕留める VSアラン・ディパイン(IBF&WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ)

IBF&WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ(12月14日東京)

井上尚弥(大橋)VSアラン・ディパイン(タイ)

4団体統一のための相手がそれぞれ、各団体から指名試合を命じられ、井上は仕方なく調整試合を挟むことになったようです。WBO王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)は、前日計量に現れず、12月11日の1位のポール・バトラー(イギリス)戦は中止になりました。ノニト・ドネア(フィリピン)は暫定王者のレイマート・ガバリョ(フィリピン)をあっさりボディブローで沈めました。

2人にふられた井上は、対戦相手を探しまくったようですが、多分断られたんでしょうね。そして、やっと見つけたのがアラン・ディパエンだったのでしょう。

井上尚弥(大橋)IBF&WBAスーパー世界バンタム級王者

21戦全勝18KO 28歳 右オーソドックススタイル

」身長 165cm リーチ 170cm

もう井上についての詳しい説明は、不要でしょう。「わしボク」は日本人ボクサーとしては、過去最強だと思います。

アラン・ディパエン(タイ)IBFバンタム級6位 

14戦12勝11KO2敗、30歳。

身長 162cm リーチ ?

2019年の荒川竜平戦を観ましたが、オーソドックススタイルで、いかにもタイのボクサーらしい感じがしました。2021年3月にIBFパンパシフィック王座を獲得して、IBFのランカーになったようです。KO率こそ高いものの、名のある選手の対戦は皆無です。WBAのランキングにも入る予定だそうで、とにかくダブルタイトルマッチの形だけは整えるみたいですね。ちなみに身長は162cmと井上よりやや低いようです。

展開予想

はっきり言って、井上の対戦相手としては、過去最低の選手かもしれません。格が違いすぎます。井上がよほど油断して、調整に失敗でもしない限り、早い回でのKO決着となるでしょう。それだけに、ディパエンはこれにもし勝つようなことがあれば、今年最高のアップセットになりますね。負けてもともと、気楽に試合に臨めます。一か八かでかかってくるでしょうから、そこは注意が必要です。

試合展開

前日計量は、ともにクリアしています。ディパエンの顔を見てると、なんか観光に来ているみたいですね。

1R)

いきなりひかりTVがフリーズ。その後、お互い様子見。ディパエンが意外と大きく見えます。井上がじりじりと前に出ます。ディパエンの動きはいいですね。

2R)

井上が前に出て、プレッシャーをかけます。そして、また「ひかりTV」がフリーズ。前に出た井上の右ボディブローが効果的。

3R)

井上はかなりリラックスした感じです。そして、前に出て少し強めにプレッシャーをかけます。井上が左ボディブロー。もうディパエンの動きを見切った感じで、余裕が見ら入れます。

4R)

井上が左ボディブローをダブルでヒット。しかし、ディパエンは意外とタフです。井上がガードの隙間にパンチを放ちますが、ディパエンはケロッとしてます。

5R)

井上がボディブロー!しかし、ここでまた、ひかりTVYがフリーズ。井上はタフなディパエンにまるでスパーリングのように、変幻自在にパンチを放ちます。

6R)

このあたりでふつうは倒してますけどね。ディパエンはかなりタフです。井上が前に出てパンチを鉢ますが、ディパエンも応戦します。井上のパンチが何度もガードの隙間にヒットし、一方的にパンチを放ちます。もうディパエンのパンチは完全に読めているようです。

7R)

井上がボディを攻撃。そして、井上が一方的に攻めまくりますが、ディパエンはタフですね。もう井上の勝利は確定的ですが。

8R)

井上が前に出るが、ディパエンも応戦します。井上のボディフックがヒット。そして、左フックでついにダウン!

立ってきたディパエンに右左フックを放ち、ディパエンが大きく後退したところで、レフリーが試合をストップしました。

8RTKOで井上がタイトル防衛に成功しました。戦前の予想では、早い回に井上が倒すと思われていましたが、予想以上に、ディパエンがタフで、「自分のパンチが効かないのかな」と井上が振り返ったほどでした。今まで見てきた試合では、これだけ打てば相手はもっと早く倒れていたので、ちょっと井上のパンチの的確性に不安を覚えました。ピンポイントにヒットしていないので、とういう疑問です。

それにしても「ひかりTV」はフリーズが多く、特に肝心なところで画面が動かなくなります。DAZNではこれほどひどいフリーズはないですね。やっぱりWOWOWが一番安心して見ていられます。こんな配信、「ひかりTV」金返せ!と、言いたいです。

 

4 Comments

パンチャーファン

 わしボク様 光TV有料視聴ご苦労様です
わたしは 後日youtubeでラウンドガール入り映像でみましたw
井上はジャブで倒すと戦前から言っていたとほかのサイトでしりましたが
効いた時もラッシュはかけませんでしたね 後半は猫がネズミをなぶる様で
挑戦者が気の毒のようでした。 まあ凡戦になるのは見えてましたので
軽いスパーリングだと思えばいいのでは
 

返信する
わしボク

相手がタフだと思うと、まるでスパーリングように、軽く戦っていましたね。
まあ、何時かは倒れるだろぐらいの、マイペースのボクシングで、恐らく相手の一発も、もらっていないのではないでしょうか。
レベルが違いすぎました。

返信する
あーちゃん

ゲスト解説、関根努とヒカキンて…
4000円も払ってボクシングを観るコアなファンがその2人を求めてると思うのかね?地上波なら仕方ないと思うが…

返信する
わしボク

ひかりTVにはがっかりです。
とにかく画面のフリーズがひどいものです。
解説は誰でもいいです。自分で判断しますから。
でもひかりTVで観ようというボクシングファンはかなりコアなファンですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)