ルイス・ネリの次は俺だ!サム・グッドマンが4RTKO勝利 VSマーク・シュライブス(WBOオリエンタルS・バンタム級タイトルマッチ)

目次

(出典:WOWOW)

WBOオリエンタルS・バンタム級タイトルマッチ(2024年3月13日)

サム・グッドマン(オーストラリア)VSマーク・シュライブス(オーストラリア)

両選手のプロフィール

サム・グッドマン(オーストラリア)IBF・WBO1位・WBC7位

17戦全勝7KO、25歳 オーソドックス

身長 169センチ  リーチ 169センチ

2021年12月にWBOオリエンタルS・バンタム級タイトルを獲得。2022年5月に富施郁哉(現:日本バンタム級1位)に判定勝ちして、IBFインターコンチネンタルも獲得しました。2023年3月には、TJドヘニーに判定勝ちしています。そして、2023年6月にライース・アリームに判定勝ちして、IBFの指名挑戦権を獲得しました。

マーク・シュライブス(オーストラリア)元オーストラリアバンタム級チャンピオン

15戦13勝9KO2敗、30歳 オーソドックス

身長 160センチ  リーチ 164センチ 

試合展開

グッドマンは序盤からきびきびした動きで、シュライブスにプレッシャーをかけ、追い詰めます。早くも格の違いを感じました。解説の長谷川さんが「バランスが非常にいいんですよ。」安定した姿勢で相手を追い詰め、ガードが開いたところへ的確にパンチを放ちます。左ジャブはかなりスピードがありますね。

プレッシャーを強め、速い回転でパンチを繰り出します。手数でも圧倒しています。シュライブスに何もさせませんね。3ラウンドには、一方的な展開になってきました。それとクリンチをさせない技術もすごいですね。ロマチェンコに似ています。

ただ、シュライブスは相当被弾しているはずですが、あまりダメージは感じませんね。

そして、4ラウンド中盤、シュライブスが防戦一方になったところで、レフリーが割って入り、試合をストップしました。ダメージはそれほどなさそうですが、このまま続けても打たれ続けるだけでしょうから、仕方がありませんね。

さあ、次は井上尚弥

スピードやバランスの良さ、パンチの回転の速さ、いずれも申し分ありませんが、パンチ力はなさそうです。前に出てくる選手ですので、井上はやりやすいと思います。目はよさそうですが、パンチのスピードでは井上も負けません。右のカウンターか左のえぐるようなボディブローで仕留めるでしょうね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)