ホセ・ラミレスが11RKO勝ちで世界戦線にに踏みとどまる VSリチャード・コミー(WBC世界S・ライト級挑戦者決定戦)

目次

(出典:WOWOW)

ホセ・ラミレス(アメリカ)VSリチャード・コミー(ガーナ)

WBC世界S・ライト級挑戦者決定戦(2023年3月25日)

両選手のプロフィール

ホセ・ラミレス(アメリカ)WBO4位・WBA5位・WBC5位・IBF7位

28戦27勝17KO1敗、30歳 オーソドックス

身長 178センチ  リーチ 183センチ

2018年3月、アミール・イマムWBC世界S・ライト級王座決定戦に判定勝ちして、タイトルを獲得。2019年7月、WBO王者のモーリス・フッカーと王座統一戦を行い、6RTKO勝ちで2団体王座を獲得しました。しかし、2021年5月に4団体王座統一戦でジョシュ・テイラーに判定負けして、王座陥落。2022年3月のホセ・ペドロサ戦で大苦戦、サウスポーが苦手であることを露呈しました。

リチャード・コミー(ガーナ)元BF世界ライト級王者・IBF12位

35戦30勝27KO4敗1分け、36歳 オーソドックス

身長 173センチ  リーチ180センチ

KO率77%のハードパンチャーです。30勝のうち27KOですから、勝った試合のKO率はなんと90%ですね。2016年9月、24戦全勝22KOでロバート・イースターとIBF世界ライト級王座決定戦を行い、判定負けで初黒星を喫しました。2019年2月にIBFライト級王座決定戦でTKO勝ちし、ようやくタイトルを獲得しました。しかし、2度目の防衛戦で、ティオフィモ・ロペスにTKO負けして王座陥落。2021年12月にワシル・ロマチェンコにも判定負けを喫しました。2022年8月にラミレスと共通の対戦相手、ホセ・ペドロサと引き分けています。

試合展開

生き残りをかけた対戦となりそうですね。両選手とも負けたら後がありません。

1R

序盤から両者激しい打ち合いです。そして、ラミレスがコーナーに詰めてボディブローを叩き込みます。コミーは右ボディが効いているようですね。コミーも右ストレートを返します。

2R

この回もお互いのパンチが交錯します。手数ではややラミレスが上回っていますが、コミーも負けじと応戦します。なかなかスリリングな展開です。

3R

ラミレスが左ジャブを突いて前に出ます。そしてラミレスは執拗にボディを攻撃します。しかしコミーも右ストレートを返します。

4R

コミーが反撃に転じます。右の打ち下ろしは威力がありそうです。中盤、コミーの右ストレートがヒットしました。ラミレスは接近して、ボディを中心にコンパクトなパンチを放ちます。

5R

この回も両選手のパンチが交錯します。中盤、ややもみ合いが多くなりました。やはりラミレスは手数が多いですね。

6R

このラウンドも序盤から両者、激しい打ち合いです。一発のパンチ力はコミーの方がありそうです。ラミレスは手数が多いものの、攻め方が雑ですね。2分過ぎ、コミーの右がラミレスの顎をとらえました。

7R

ラミレスはコミーの右を警戒して、あまり接近しません。しかし、ラミレスが入ってくるところへ、コミーの右フックのカウンターがラミレスの横顔にヒットしました。狙っていたようです。ラウンド終盤、ラミレスが連打を上下に放ちました。

8R

ラミレスが前に出ますが、コミーは下がりながらカウンターを狙っています。しかし、このラウンドのコミーは少し疲れが見えますね。パンチにスピードがなくなってきました。それでもラミレスは距離を取って戦っていますね。

9R

コミーがジャブを突いて距離を取ります。コミーがまた力を込めてパンチを打つようになりました。前のラウンドで休んだのでしょうか。ラミレスは明らかに手数が減りました。

10R

ラミレスが体を振って前に出ます。そして、ボディにパンチを放ちます。ラウンド中盤、ラミレスのオーバーハンドの右ストレートで、一瞬コミーの動きが止まりました。そして、執拗にボディにパンチを集めます。明らかにコミーの動きが悪くなりましたね。

11R

開始早々、ラミレスの左フック2発、さらに右アッパーでコミーが躓くようにして、前のめりにダウンしました。立ってきましたが、結構ダメージがありそうです。コミーも必死で応戦してきますが、ラミレスの左ロングフックで、コミーがロープまで下がります。

さらに、コーナーに詰めてラミレスが連打を打ち込むと、コミーは下がりながら膝をつきました。そして、レフリーがカウント10を数え、ラミレスがKO勝ちで挑戦権を獲得しました。

WBC王者は、レジス・プログレイスです。ラミレスの苦手なサウスポーですね。かなり厳しい戦いになりそうです。

負けたリチャード・コミーは、まだまだ力がありそうな気がします。一発の破壊力は、起死回生の逆転劇を生む可能性が十分あるように思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)