ヘビー級無敗のホープ、ステファン・ショウが1RKOで連勝を17に伸ばしました VSベルナルド・マルケス(ヘビー級8回戦)

目次

(出典:WOWOW)

ステファン・ショウ(アメリカ)VSベルナルド・マルケス(アメリカ)

ヘビー級8回戦(2022年7月16日)

両選手のプロフィール

ステファン・ショウ(アメリカ)WBC世界ヘビー級31位

16戦全勝12KO、29歳 オーソドックス

身長193cm  リーチ 206cm

ベルナルド・マルケス(アメリカ)

19戦14勝10KO4敗1分け、28歳 サウスポー

身長 188cm リーチ 202cm

試合展開

1R

ショウが左ジャブを突いて前に出ますが、マルケスもサウスポースタイルから応戦します。開始30秒、前に出るマルケスに対して、下がりながら左右のフックをヒットさせ、右フックをテンプルに、さらに左アッパー、右フックでマルケスがしゃがみ込むようにダウンしました。

立ってきましたが、明かにダメージがありますね。ショウは左右の連打で倒しに行きますが、防戦一方だったマルケスも打ち返してきます。マルケスがパンチを放ちましたが、ショウの左フックでマルケスがマットに膝を着き、2度目のダウンです。カウント9で何とか立ってきましたが、最初のダウンのダメージを引きずっていますね。ショウがロープに詰めて連打を浴びせますが、マルケスも粘ります。

やや疲れが見えるショウですが、さらに強いパンチをカード上からお構いなしにたたきつけ、最後は狙い打ち状態になります。そして左ボディアッパーから右の打ち下ろしで、マルケスが3度目のダウン。

ここでレフリーが試合を止めました。残り30秒弱。ショウが1RKO勝ちで、連勝を17に伸ばしました。右のパンチにかなり威力がありますね。不用意にパンチをもらうところがありますが、それ以上に手数が多いので、観ていて面白いボクシングをします。サウスポーを苦にしないところも強みですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)