ノニト・ドネアが4Rボディ一発でKO勝ちVSレイマート・ガバリョ(WBC世界バンタム級タイトルマッチ)

目次

(出典:WOWOW)

ノニト・ドネア(フィリン)VSレイマート・ガバリョ(フィリピン)

WBC世界バンタム級タイトルマッチ(2021年12月12日)

ノニト・ドネア(フィリピン)WBC世界バンタム級王者

47戦41勝27KO6敗、39歳 右オーソドックス

身長 170cm リーチ 174cm

レイマート・ガバリョ(フィリピン)WBC世界バンタム級暫定王者

24戦全勝20KO、25歳 右オーソドックス

身長 169cm リーチ ?

ドネアがノルディー・ウバーリを4RにKO勝ちした試合は、ドネアの強さを再認識させられましたね。一方のガバリョは、エマヌエル・ロドリゲスに辛勝し、(私の採点ではロドリゲスが勝っていました)再戦命令もありましたが、結局、ドネアと対戦することになりました。ガバリョの戦績は素晴らしいですが、ドネアの敵ではないでしょう。12日は朝から大忙しですね。

試合展開予想

ドネアがウバーリ戦のようなパフォーマンスを見せてくれれば、後半KOも考えられます。しかし、ガバリョはドネアより14歳も若いですからね。そう簡単に倒されることはないでしょう。おそらく12ランドまで試合はもつれて、ドネアが何とか判定で勝つような気がします。また、ガバリョにも十分チャンスはあると思います。

試合展開

 

こちらは両選手とも無事に前日計量をクリアし、試合が行われます。ホッとしました。

1R)

ただ今3時半になろうとしています。まさかこんな時間になるとは、予想もしてませんでした。

ドネアはあまり手を出しません。ガバリョは結構デカいですね。スピードもありますよ。ドネアが前に出ます。お互い慎重です。

2R)

ドネアが前に出ます。ガバリョは慎重ですね。お互いけん制して見合っています。ガバリョは左カウンターを狙っています。

3R)

ここまで、大きな動きはありません。お互い動きが速く、なかなかビッグパンチはありません。お互い打ち終わりを狙っています。緊迫したラウンドが続きます。このまま、12ラウンドまで行きそうですね。

4R)

ドネアのボディストレート。とにかくお互いけん制しあって、あまり手が出ません。ガバリョのワンツーがヒット。しかし、残り17秒、ドネアの左ボディがガバリョをとらえ、ダウン!

一度立ち上がりかけたが、立てない!なんともあっさりと、ボディブローでドネアがKO勝ち。タイトルを防衛しました。

ドネアの左はホントにヤバいですね。ガバリョの出来から考えて、判定まで長引くと思いましたが、まさかのボディブロ一「一発」でした。

4 Comments

ガバリョは私が思っていたよりも良かったです。ドネア相手に頭を使って戦ってた印象です。パンチ力もドネアや井上と同等で、カシメロよりは隙がないかな~と。でも雑になったところに完璧なボディーを貰ってしまった。でも残り10秒ほどなんだから根性見せて欲しかったです。

返信する
わしボク

確かに何とか立てば、次のラウンドで反撃もできるわけですから。相当、効いたのでしょうね。
あの左はホントにヤバいです。

返信する
怒りの王子

前回のウーバーリも4ラウンド左アッパーで勝ちましたが

ドネアの強打は健在ですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)