セバスチャン・フンドラがダウンの応酬の末、9R終了TKO勝ちで暫定王座獲得  VSエリクソン・ルビン(WBC世界S・ウェルター級暫定王座決定戦)

目次

(出典:WOWOW)

WBC世界S・ウェルター級暫定王座決定戦(2022年4月9日)

セバスチャン・フンドラ(アメリカ)VSエリクソン・ルビン(アメリカ)

両選手のプロフィール

セバスチャン・フンドラ(アメリカ)WBC世界S・ウェルター級2位

19戦18勝12KO1分け、24歳 サウスポースタイル

身長 197cm  リーチ 203cm

「タワーリングインフェルノ」というニックネームの通り、このクラスとしては桁違いの長身とリーチの長さが特徴です。しかも接近戦も得意で、好戦的なファイタータイプと言っても間違いではないでしょう。若干ガードが甘いところがありますが、背の高さがパンチを殺しているのか、あまり効いてはいないようです。こんなボクサーと戦うのは嫌でしょうね。

エリクソン・ルビン(アメリカ)WBC世界S・ウェルター級1位

25戦24勝17KO1敗、26歳 サウスポースタイル

身長 176cm  リーチ 189cm

2017年3月、WBC世界S・ウェルター級王者のジャーメル・チャーロに挑戦し、1ラウンドKO負けで、タイトル獲得に失敗、初黒星を喫しました。その後は6連勝で、現在、WBC1位にランクしています。

暫定王座決定戦の経緯

ジャーメル・チャーロがブライアン・カスターニョとの4団体統一王座決定戦を優先し、指名試合を先延ばししたことに伴い、WBCが、1位と2位による暫定王座決定戦を行うことを決定しました。

試合経過

身長差21cm

身長差、実に21cm、同じ階級とはとても思えないですね。197cmの身長はヘビー級でも長身の方でしょう。そして、サウスポー対決となりました。

(タワーリングインフェルノ)

前に出るのはフンドラ

予想通り長身のフンドラが前に出ます。フンドラ、めちゃくちゃ足が長いですね、うらやましい限りです。

2ラウンドに入ると、早くも接近戦になりました。フンドラはうまく腕をたたんで、パンチをねじ込みます。ルビンも応戦しますが、フンドラの手数に圧倒されています。2ラウンド終盤、フンドラの右アッパーで早くもルビンがダウンしました。しかし、ここはゴングに救われます。

3ラウンド、フンドラが襲い掛かりますが、ルビンも必死に応戦します。ルビンはロープに詰まるシーンが多くなりました。しかし、3ラウンド終盤は、ルビンのパンチも結構ヒットし出しました。

中盤はルビンが盛り返す

手数ではフンドラが上回っていますが、ルビンもいいパンチを返しています。相変わらずガードの甘いフンドラ。しかし、アッパーが効果的です。試合中盤は同じような展開が続きます。それでも、6ラウンド辺りから、ルビンが盛り返します。フンドラのパンチにキレがなくなってきた感じです。

7ラウンド、フンドラがダウン

フンドラが左アッパーを多用し、反撃に転じます。しかし、ラウンド終盤、ルビンの左右のパンチをフンドラがまともにもらい、今度はフンドラがダウン。結構ダメージがありそうです。フンドラはこれがキャリア初のダウンです。残り30秒弱、何とか逃げ切りました。

ところが8ラウンドは、ルビンが失速し、フンドラの反撃に防戦一方となります。ルビンの右目の腫れがひどくなりましたね。9ラウンドもフンドラが積極的に攻めます。ルビンは防戦一方です。完全に失速しましたね。

 

そして、9ラウンドが終了しましたが、ラウンド終了後、ルビンのコーナーからギブアップのサインが出され、9ラウンド終了、フンドラのTKO勝ちで、WBC世界S・ウェルター級暫定王座を獲得しました。フンドラの課題は明白ですね。ディフェンス技術の向上です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)