ジェシー・ロドリゲスが大差の判定でタイトル獲得! VSクリスチャン・ゴンザレス(WBO世界フライ級王座決定戦) 

目次

(出典:WOWOW)

ジェシー・ロドリゲス(アメリカ)VSクリスチャン・ゴンザレス(メキシコ)

WBO世界フライ級王座決定戦(2023年4月9日)

両選手のプロフィール

ジェシー・ロドリゲス(アメリカ)WBO世界フライ級1位

17戦全勝11KO、23歳 

身長 163センチ  リーチ 170センチ

2022年2月、S・フライ級の決定戦は、クアドラスとシーサケット・ソールンビサイ(タイ)で行われることになっていましたが、コロナの影響で、急きょ前座に登場する予定だった、2階級下のジェシー・ロドリゲスにチャンスが巡ってきて、クアドラスからダウンを奪う大差の判定勝利で、タイトルを獲得しました。本来2階級下の選手ですが、S・フライ級の身体が出来てくれば、このクラスで最強になるかもしれません。それを証明したのが2022年6月の初防衛戦ですね。最強の挑戦者と言われた、難攻不落のシーサケット・ソールンビサイに8TKO勝ちしたことでしょう。2022年10月にタイトルを返上し、フライ級へ転向しました。

クリスチャン・ゴンザレス(メキシコ)WBO2位

16戦15勝5KO1敗、32歳

身長 ?       リーチ  ?

試合展開

試合開始は、午後0時頃になるようです。

判で押したような展開

ゴンザレスの方が10センチ以上背が高いようですね。

背の低いロドリゲスが前に出て、ゴンザレスはサークリングしながら距離を取ります。この展開が12ラウンドまで続きます。

違うのは、中盤から少しずつロドリゲスがプレッシャーを強め、後半は一方的な展開になっていくだけです。

ゴンザレスはもう、倒されないようにするだけですね。

判定は3-0(118-110,117-111,116-112)でロドリゲスの完勝です。力の差が歴然としていましたね。出来れば倒してほしかったと思います。

「わしボク」は120-108です。116-112をつけたジャッジはどこを見ていたのでしょうね。ゴンザレスにボクシングをやる資格はないですよ。勝つ気がないならさっさと引退した方がいいですね。

 

 

 

 

2 Comments

チャッピー

1Rはゴンザレスでしょ、私の採点は119-109かな・・・。
ロドリゲスの圧勝には間違いないですが、

>ゴンザレスにボクシングをやる資格はないですよ。勝つ気がないなら・・・

この言われ方はあまりに可哀そうと思ったのでコメントしました。強烈なロドリゲスのプレッシャーを受けても、結構パンチは返していましたよ。
その証拠にロドリゲスは顎を骨折しています。いいパンチが何回も入っていました。
前半にボディーを効かされていながら足を動かし続けていたし、相当な根性の持ち主です。気持ちが無い選手なら途中でギブアップしています。

ロドリゲスは非常に強い選手です。相手が悪かっただけで、
ゴンザレスは、ロドリゲス以外なら、誰と戦ってもかなり良い試合をすると思います。

返信する
わしボク

そうですね。チャッピーさんのおっしゃる通りです。反省します。
ロドリゲスが強すぎたため、ゴンザレスは全く持ち味を出せなかったのでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)