コナー・ベンが大差の判定で全勝をキープ VSペーター・ドブソン(ウェルター級12回戦)DAZNで2月4日午前5時から生配信

目次

ウェルター級12回戦(2024年2月4日)

コナー・ベン(イギリス)VSペーター・ドブソン(アメリカ)

両選手のプロフィール

コナー・ベン(イギリス)WBC5位

22戦全勝14KO、27歳 オーソドックス

身長 173センチ  リーチ 173センチ

父親は2階級制覇王者のナイジェル・ベン。2018年7月にWBAコンチネンタル王座決定戦に判定勝ちして、タイトルを獲得し、地味に4年間で7度の防衛を果たしています。イギリスを主戦場にし、名のある対戦相手はありません。イギリスはボクシング人気が高いので、こういう地域タイトル戦でも十分興行が成り立つのでしょうね。

ペーター・ドブソン(アメリカ)

16戦全勝9KO、33歳 オーソドックス

身長 178センチ

2022年6月にロドリゴ・ダミアン・コリアと対戦したのが最後で、およそ1年半ぶりのリング復帰となります。

試合展開

序盤からベンが積極的に攻めてペースを握ったように思いましたが、4ラウンドあたりからベンの右が当たらなくなりました。ドブソンはベンの動きを見ていたのでしょうね。右のタイミングを掴んだようです。ベンの攻撃パターンも単調ですね。

その後はドブソンが固いガードと巧みなボディワークで、ベンにクリーンヒットを許しません。

試合後半になって、ベンが少しペースアップしましたが、ドブソンはほとんどのパンチをボディワークでかわし、ベンは決定打を打ち込むことが出来ません。その後は、退屈なラウンドを消化するだけでしたね。クリーンヒットだけなら、ドブソンの方が多かったように思います。

しかし、判定は開けてびっくり。大差がついていました。3-0(119-109,119-109,118-110)でベンの圧勝です。「わしボク」は僅差でベンかな~でもドブソンの勝ちもあり得るかも、と思ってましたから。

「わしボク」の独り言

残念です。穴口さんが亡くなりました。意識が回復しないのは心配していましたが、危機は脱したと思っていましたからね。ご冥福をお祈りします。ボクシングファンにとって、こういう事故が一番辛いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)