「わしボク」認定世界ランキング!まずは3階級限定。 S・フライ級、ライト級、ウェルター級

(出典:WOWOW)

いきなり10位まですべての階級というのは、あまりにも無謀なので、まずはよく知っている注目の3階級ベスト5を認定?します。

S・フライ級

この階級は日本でもお馴染みのファイターが多い階級です。やや新鮮味はかけますが、「わしボク」にも優劣がつけやすいと思いました。

1位 ジェシー・ロドリゲス(アメリカ)

2位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

3位 井岡一翔(志成)

4位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)

5位 フランシスコ・ロドリゲスJR(メキシコ)

6位 ジョシュア・フランコ(アメリカ)

7位 田中恒成(畑中)

8位 ジェルイン・アンカハス(フィリピン)

9位 シーサケット・ソールンビサイ(タイ)

10位 ドニー・ニエテス(フィリピン)

このランキングは、結構、多くのボクシングファンに受け入れられるという気がします。それにしても、何度も言いますが、新鮮味がなく、興味深い対戦カードがあまりありません。

ライト級

全階級を通じて、強豪がひしめく激戦区だと思います。「わしボク」もやや自信のない階級ですね。

1位 ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)

2位 デビン・ヘイニー(アメリカ)

3位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

4位 イサック・クルス(メキシコ)

5位 ローランド・ロメロ(アメリカ)

本来ならライアン・ガルシアが3位あたりにランクするはずですが、どうやらS・ライト級に階級を上げるようなので、除外しました。

ウェルター級

この階級はスーパースターが多いので、ランキングをつけるのが難しいのですが、ちょっと思い切ったランキングにしてみました。

1位 ジャロン・エニス(アメリカ)

2位 エロール・スペンスJR(アメリカ)

3位 テレンス・クロフォード(アメリカ)

4位 バージル・オルティス(アメリカ)

5位 キース・サーマン(アメリカ)

6位 ダビド・アバネシャン(ロシア)

7位 ヨルデニス・ウガス(キューバ)

「わしボク」の知識では7位までが限界です。1位のジャロン・デニスは「わしボク」の最近の一押しボクサーです。この中で注目は、カムバックしたバージル・オルティスですね。

2 Comments

youtubeliveでレイチェルドネアが降臨して、ドネアは2024年末までやり、次は5階級制覇を目指すので井岡・ローマン・エストラーダがターゲットと言ってました。よそのブログでは井上は老いぼれのドネアに勝っただけ。ニエテスに完封した井岡すげ~と言っていたので、ぜひ井岡とドネアを観てみたい!

ライト級の糞つまらないヘイニーにタンクは勝てないような気がします。ロマならヘイニー相手に勝てるかも。でもヘイニーのジャブクリンチ作戦を崩すのは難しいかも。

エニスはスーパーバンダムのフルトンと同じジムでフルトンはエニスとスパーをやってるらしいです。本当かどうかは分かりませんが、フルトンファンが言ってました。 エニスは面白いボクシングやるので私も大好きです

返信する
わしボク

ドネアがS・フライに降臨するのですか。そうなるとS・フライ級も面白くなりますね。
井岡VSドネアは、S・フライ級では一番魅力的なカードですね。
ヘイニーは堅実という言葉をボクサーにしたような選手ですが、デービスもパンチだけでなく、スキルも相当なもんですよ。
エニスは「わしボク」が一番気に入っているボクサーです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)