わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

すごいニュースが上海から飛び込んできましたね。アッと驚く番狂わせ。木村翔がゾウシミンにTKO勝ちして世界タイトル獲得

▼最新記事

ゾウ・シミン(中国)VS木村翔(青木)

WBO世界フライ級タイトルマッチ(2017年7月28日)IN上海

f:id:stonemeintothegroove:20170729120908j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170729120919j:plain

 

 ゾウ・シミンは10戦9勝2KO1敗、36歳。オリンピックで2度金メダルを獲得している中国の英雄です。

対する木村翔はWBOアジアパシフィックフライ級王者で、WBOフライ級7位にランクされていますが、はっきり言って、日本でもほとんど無名です。(すみません!)ついでに申し上げると私は青木ジムも存じ上げません。ホントに申し訳ありません。

17戦14勝7KO1敗2分け、28歳。唯一の1敗は、なんとデビュー戦でKO負けしたものです!

 

失礼を承知で、戦前の私の予想を申し上げますと、大差の判定負け。下手をすると後半に連打をあびてストップ負けするかもしれない、と思っていました。なにせ敵地上海ですからね。

 

ゾウ・シミンは、とりあえず勝てそうな相手として、木村に白羽の矢を立てたのでしょう。右構えで身長も同じ。まさに、「与しやすし」でしょうね。

楽勝ムードで、完全に木村をなめていたと思いますよ。

 

11ラウンドしか見てないんですが

とりあえず、YouTubeで11ラウンドのTKOシーンだけ見ました。

ニュースによりますと、序盤はやはりゾウシミンのテクニックに翻弄されていたようで、採点も負けていたようです。

でも、11ラウンドのゾウシミンは明らかに疲れていましたね。

勝手な想像ですが、いい加減な調整で、コンディションも万全ではなかったんじゃないでしょうか。

逆に木村はきっちり仕上げて、まだスタミナも十分ありました。

 

ゾウシミンは残り2ラウンドを逃げ切れば勝てるとばかりに、もうひたすらロープ伝いに逃げまくります。

いつものニヤニヤした、相手を小ばかにしたような顔のゾウシミンとは別人です。全く余裕のない顔でしたね。完全に息が上がっています。

もう体に力が残っていません。

木村のパワーに押され、2分過ぎにロープに詰まって木村の連打をあびたところで、ついに力なくダウンしました。

なんとか立ち上がってきましたが、カウント8でレフリーがストップしました。

 

最近では、小国以載、久保隼に次ぐ3人目の超番狂わせです。しかも敵地上海ですからすごい!

西城正三さん以来のシンデレラボーイですね。

ところで、木村は無事に日本に帰ってこれるのかな(笑)

 

余計な話ですが、ゾウ・シミンはもう引退でしょうね。

デビュー戦を見ましたが、オリンピックを2連覇したような強さは全く感じませんでした。正直、世界は無理かなと思っていました。

 

これで、フライ級もライト・フライ級みたいになってきましたね。

WBAが井岡一翔、WBCが比嘉大吾、そして、WBOに木村翔。唯一の外国人はIBFのドニ―・ニエテス(フィリピン)。

以前からゾウ・シミンとの対戦を望んでいた井岡。ここはそのゾウシミンに勝った、木村と統一戦をしてほしいですね。

 

ところでこの試合(ゾウシミンVS木村翔)、テレビ放映はないのでしょうか。