わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

パワーアップしたチャーロ弟、右フック一発で挑戦者が失神 ジャーメル・チャーロVSチャールズ・ハトリ―

▼最新記事

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSチャールズ・ハトリ―(アメリカ)

WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年4月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170613115828j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613115838j:plain

(出典:WOWOW)

ジャーメル・チャーロは、ミドル級に転向したジャーマル・チャーロの双子の弟です。

28戦全勝13KO、26歳。ハードパンチャーの兄に対し、KO率からもわかるように、スピードとテクニックが持ち味です。

チャールズ・ハトリ―は28戦26勝18KO1敗1分け、31歳。WBC1位にランクしていますが、この挑戦が1年半ぶりの試合となります。

ジョー小泉さんが、「よくWBCが1位に置いといてくれましたね」と言ってましたが、同感です。

 

チャーロの速いワンツーに対して高いガードのハトリ―

チャーロのワンツーは相変わらず速いですね。しかも想定以上に伸びてきます。

ハトリ―はガードを高く上げて、これに対抗します。

チャーロはいつもより、どっしり構えている感じがしますね。

2回にハトリ―が仕掛けてきましたが、チャーロも結構左右パンチを思い切って振り回します。

チャーロの右は少し力み気味でしたが、この回終盤に右ストレートがきれいに伸びて、ハトリ―をとらえ、腰砕けのようにロープに飛ばされます。

f:id:stonemeintothegroove:20170613121527j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613121516j:plain

(ガードの間を潜り抜け右ストレートヒット。ハトリ―はバランスを崩しロープまで飛ばされます)

そして、3回にハトリ―の高いガードを突き破り、ワンツーからさらにワンツーをヒット。早くもダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170613121606j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613121810j:plain

(ワンツーからさらに畳みかけるようにワンツーをヒット。)

f:id:stonemeintothegroove:20170613121829j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170613122401j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613122417j:plain

(予想以上に伸びてくる右ストレートにハトリ―はたまらずダウン)

 

 

そして一方的な展開に

ハトリ―はガードを高くしてチャーロのパンチを警戒しますが、左ジャブはそのガードを潜り抜け、ハトリ―の顎をとらえます。

また、4回ぐらいから右アッパーも繰り出し、ハトリ―は足を使って防戦一方に追いやられます。

f:id:stonemeintothegroove:20170613122937j:plain

(ワンツーを警戒してたら、右アッパーが飛んでくる)

 

狙いすました右フック一発で失神

6回は明らかにチャーロが倒しに来ました。

連打で畳みかけ、ハトリ―をロープに追いつめ、ハトリ―が打ち返してきたところに、狙いすました右フックがカウンターでハトリ―の顎をとらえました。

まともに喰ったハトリ―はこの一発で失神。レフリーがすぐにストップしました。

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20170613123924j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613123856j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613123912j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613124129j:plain

(狙いすました右フックカウンターがハトリ―の顎をとらえ、完全に失神)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170613123941j:plain

(この一発でハトリ―は完全に失神。ピクリとも動きません)

f:id:stonemeintothegroove:20170613124155j:plain

(この右フックをもらったら立てないでしょう。それぐらいすごいパンチでした)

 

それにしてもすごいパンチでした。これで多分3連続KO勝ちだと思います。チャーロはKOパンチャーに進化してきましたね。

フィニッシュの6回は完全にKOを狙っていました。

この日は、序盤からかなりパンチを強振し、プレッシャーをかけていつもよパワーアップしたボクシングを展開していました。

体もかなり大きくなった感じがします。

兄を追ってミドルに上がってくる可能性は十分にありますね。

少し柔軟さに欠ける部分はありますが、このスピードとパワーは、村田諒太にとってはかなり厄介なボクサーですよ。