わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

レイ・バルガスが後半のピンチをしのぎ逃げ切る VSロニー・リオス

レイ・バルガス(メキシコ)VSロニー・リオス(アメリカ)

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ(2017年8月26日)

f:id:stonemeintothegroove:20170830114603j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170830114622j:plain

(出典:WOWOW)

なんとこの世界戦が、ミゲール・コットVS亀海喜寛のセミファイナルとして行われました。

29戦全勝22KO、26歳。メキシコ期待のハードヒッターです。

ロニー・リオスは29戦28勝(13KO)1敗、29歳。WBC3位。

一発のパンチ力はないものの、パワフルな突進力で3連続KO勝利中です。

 

高柳さんは両者の身長差が9㎝、と言っていましたが恐らくリーチ差の間違いでしょう。

バルガスが179㎝、リオスが170㎝ということですが、バルガスが王座を獲得したギャビン・マグドネル戦では、身長は174㎝ということでしたから、やはり179㎝はリーチですね。

それと、リオスが170㎝もあるようには見えませんでした。この体つきで170㎝だと、ライト級レベルですよ。170㎝だと、同じクラスの岩佐亮佑とほぼ同じですからね。

続きを読む

速報)ミゲール・コットVS亀海喜寛 WBO世界S・ウェルター級王座決定戦 コットが大差の判定で王者に。残念~亀海

ミゲール・コット(プエルトリコ)VS亀海喜寛(帝拳)

WBO世界S・ウェルター級王座決定戦(2017年8月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20170828115352j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170828115358j:plain

(出典:WOWOW)

ミゲール・コットは45戦40勝(33KO)5敗、36歳。WBO1位。

亀海は32戦27勝24KO3敗2分け、32歳。WBO6位。

 

コットは今更紹介をする必要はないでしょう。実績では亀海を圧倒しています。

世界トップクラスのビッグネームです。ひょっとすると、日本人ボクサーが対戦する過去最高の大物かもしれません。

勝敗は別にして、亀海はアメリカでこのビッグネームと世界戦を戦えるだけでも幸運と言わざる得ません。

しかし、コットの最近の10戦の戦績は6勝6KO4敗(1KO)と、全盛期に比べると精彩を欠いているのは間違いありません。

かといって、亀海もヘスス・ソト・カラスとの再戦でTKO勝ちした以外、これといった実績はありません。

コットから見たら、「軽い相手」だと思います。

ただ、亀海は地上波で放映されたことがありませんので、日本ではほとんど無名ですが、アメリカでは結構人気があるようですよ。

いずれにしても、楽しみな試合であることは、間違いありません!

放送開始は11時からです。

恐らく、アンダーカードが1~2試合あると思います。

亀海登場はそのあとでしょうね。

やっぱりセミファイナルからですね。

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ レイ・バルガスVSロニー・リオス。

この試合は別途、ご報告したいと思います。しかし、バルガス、中盤、結構苦戦していますね。危ないですよ。番狂わせの予感がします。

バルガスは打ち合いを避け、アウトボクシングに切り替えて、逃切りをはかりました。

続きを読む

マイキー・ガルシアが問題児を中途半端に退治 VSエイドリアン・ブローナー

マイキー・ガルシア(アメリカ)VSエイドリアン・ブローナー(アメリカ)

S・ライト級12回戦(2017年7月29日)

f:id:stonemeintothegroove:20170824150136j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170824150144j:plain

(出典:WOWOW)

ガルシアは36戦全勝30KO、29歳。現在WBCライト級チャンピオンです。

ブローナーは36戦33勝24KO2敗1NC、28歳。WBCでS・ライト級6位、WBAではウェルター級2位にランクしています。

今回はS・ライト級で対戦します。ガルシアは1階級上げ、ブローナーはなんと1階級下げて戦うことになります。

私にとっては、問題児ブローナーが前日計量をクリアできるかが最大の関心事でしたが、予想を裏切り、体を絞ってきました。破格の罰金が科せられていましたが、それでもびっくりです。

しかも、ノンタイトル戦で12000人もの観衆を集めたのは、悔しいけれどブローナーに根強い人気によるところが大きいと言わざるを得ません。

出来ればガルシアはブローナーを完全に退治し、もう二度とリングに上がらないようにしてほしいですね。

 

続きを読む

山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリの薬物陽性反応疑惑。さてWBCの裁定は!(わしボクの妄想)

ルイス・ネリの薬物陽性反応疑惑

f:id:stonemeintothegroove:20170825115108j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170825115116j:plain

(出典:日本テレビ)

ドーピング検査で、ネリに薬物陽性反応疑惑のあることが、WBCから発表されました。

まだ、確定ではないようですが、かなり濃いグレーのようです。別の検体の検査待ちということですが、恐らく何らかの処分があると思っています。

まさか、「何もなかった」ということはないでしょう。

WBCもそれなりに確信がなければ、安易に発表したりしないでしょうから。

続きを読む

ジャーマル・チャーロ、けが人相手に不本意なミドル級デビュー VSセバスチャン・ヘイランド

ジャーマル・チャーロ(アメリカ)VSセバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)

WBC世界ミドル級挑戦者決定戦(2017年7月29日)

f:id:stonemeintothegroove:20170823144040j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170823144047j:plain

(出典:WOWOW)

チャーロ兄は25戦全勝19KO、27歳。IBF世界S・ウェルター級タイトルを返上し、これがミドル級でのデビュー戦となります。

ヘイランドは35戦29勝16KO4敗2分け、30歳のサウスポーです。WBC1位にランクされています。現在8連勝(7KO)中と好調をキープしています。

今回は1位のヘイランドと2位のチャーロとのミドル級挑戦者決定戦です。

 

続きを読む

9月の日本人世界戦の勝敗を大胆予想! 久保隼&井上尚弥&小國以載VS岩佐亮佑&田中恒成

久保隼(真正)VSダニエル・ローマン(アメリカ)

WBA世界S・バンタム級タイトルマッチ(9月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20170822120441j:plain

オマール・セルメニョがギブアップした時はびっくりしましたね。

久保は、12戦全勝9KO、27歳。

ダニエル・ローマンは25戦22勝8KO2敗1分け、27歳。WBA2位。

前回の勝利がフロックでないことを、証明したいところですが、かなり厳しい「証明問題」になりそうです。

前回のボクシングでは防衛は難しいでしょう。

ローマンはそれほどパンチ力はなさそうですが、隙のないボクシングできっちり判定でタイトルを奪うような気がします。久保の成長に期待します。

 

続きを読む

ジョニゴンはまだ健在!フィリピンの無敗のホープを一蹴 ジョニー・ゴンザレスVSジェシー・ロサレス

ジョニー・ゴンザレス(メキシコ)VSジェシー・ロサレス(フィリピン)

WBC中南米S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170822105726j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170822105735j:plain

(出典:WOWOW)

ジョニゴンはまだ現役でやっていたんですね。しかもWBC5位にランクしていて、どうやらミゲール・ベルチェルトのタイトルを狙っているようですよ。

73戦63勝53KO10敗、35歳。現在5連勝、4連続KO中というから驚きです。

メキシコで、西岡利晃さんに左一発で倒されたのが、なんと8年前。来日して長谷川穂積さんにTKO勝ちしたのが6年前です。

 

ロサレスは22戦21勝9KO1分け、25歳。フィリピン期待のホープです。

なぜ、フィリピンの選手が中南米タイトルに挑戦できるのかは不明です。

続きを読む

ロバート・ゲレロが5度倒され初のTKO負け。ついに引退を表明 VSオマール・フィゲロア

オマール・フィゲロア(アメリカ)VSロバート・ゲレロ(アメリカ)

ウェルター級10回戦(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170821135304j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821135312j:plain

(出典:WOWOW)

フィゲロアは2015年12月に体重超過でタイトルを剥奪されて以来、約1年半ぶりの試合です。

27戦26勝18KO1分け、27歳。

ゲレロは2連敗中。元4階級制覇王者も、もう後がありません。

41戦33勝18KO5敗1分け2NC、34歳のサウスポーです。

ちなみに、2014年6月には、亀海喜寛に判定勝ちしています。

続きを読む

L・ヘビー級のホープ、マーカス・ブラウンが全勝対決に完勝 VSショーン・モナハン

マーカス・ブラウン(アメリカ)VSショーン・モナハン(アメリカ)

 

L・ヘビー級10回戦(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170819124059j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170819124108j:plain

(出典:WOWOW)

ブラウンは19戦全勝14KO、26歳。サウスポーのホープです。

WBC7位、WBO6位、WBA9位、IBF9位とすべての団体にランクインしています。

モナハンも戦績では負けていません。28戦全勝17KO、35歳。右構え。

WBCでは8位にランクされており、全勝でしかも世界ランカー対決です。

勝った方が世界へ一歩近づくことになります。

 

続きを読む

イギリス人のボクシングは、ひょっとしたら別のスポーツかもしれません リー・セルビーVSジョナサン・バロス

リー・セルビー(イギリス)VSジョナサン・バロス(アルゼンチン)

IBF世界フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170818122850j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170818122900j:plain

(出典:WOWOW)

セルビーは25戦24勝9KO1敗、30歳。

いかにもイギリス人ボクサーらしい戦績ですね。いくら何でも、9KOは少なすぎますよ。世界チャンピオンでしょ!

バロスは46戦41勝22KO4敗1分け、33歳。戦績の多さがアルゼンチン人らしいですね。

バロスは昨年10月に来日し、細川悟に2-1で判定勝ちし、今日のタイトル挑戦権を獲得しています。この時は、バロスは的確なパンチをヒットして、細川の攻勢を捌いたようですね。

続きを読む