3月1日 W世界戦決定! ルイス・ネリVS山中慎介の再戦&岩佐亮佑の初防衛戦

ルイス・ネリ(メキシコ)VS山中慎介(帝拳)

WBC世界バンタム級タイトルマッチ(2018年3月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20180107160417j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180107160425j:plain

 

ネリ禁止薬物疑惑に対するWBCの裁定については、ここではもうコメントを控えます。

 

ネリは25戦全勝19KO、23歳。

ネリは、山中戦後に、世界ランカーのアーサー・ビラヌエバ(フィリピン)とノンタイトル戦を行い、TKO勝ちしています。

薬の効果がどの程度なのは分かりませんが、ネリの実力は認めなければならないでしょうね。そして、さらにパワーアップしているような気がします。

 

山中は30戦27勝20KO1敗2分け、35歳。サウスポー。

山中の7か月半のブランクは問題ないでしょう。むしろ休養になってプラスに働くかもしれません。しかし、残念ながら山中が勝つ要素は見当たりませんね。

スピードも反射神経も全盛期に比べるとかなり落ちています。

神の左も、その威力はまだ十分倒す力があるとは思いますが、ネリに完全に読まれていますし、当て勘も悪くなっています。

 

ネリの左パンチをもらってからストップされるまでは、ネリのパンチには反応していましたし、決定打はもらっていません。セコンドがストップしなければ、この回はゴングに救われたかもしれませんね。

ただ、試合が続行されていても、逆転できる可能性はほとんどなかったと私は思います。

今回の再戦も、恐らく前半で倒されるでしょう。パワーが違いすぎます。

 

岩佐亮佑(セレス)VSエルネスト・サウロン(フィリピン)

IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ(2018念3月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20180107160521j:plain

岩佐は26戦24勝16KO2敗、29歳。サウスポー。

サウロンは、24戦21勝8KO2敗1分け、28歳。IBF13位。

ファイタータイプで、左右のフックを思い切り振ってきます。

パンチ力もスピードもそれほどなさそうですが、体幹が強そうで、パワーに押され、接近戦を許すようだと、後半スタミナを消耗し、かなり厳しい戦になるかもしれません。

ただ、サウロンがオーソドックスの右構えなので、サウスポーの苦手な岩佐にとっては戦い易いと思います。

 

うまく岩佐の距離で戦えば、得意のボディブローで倒すシーンが見られるでしょう。

小國戦は結果的には完勝でしたが、回を追うごとに小國に押され気味になってました。

口のカットによるストップがなければ、終盤、かなり苦戦したかもしれません。

岩佐の弱点は、打たれ弱いこと、スタミナにやや難があること、そしてスタミナが切れると集中力を欠き、不用意なパンチをもらうこと、などです。テクニックは一級品ですけどね。

No tags for this post.

2 Comments

まんじろう

私も山中が負けると思います。
山中が打ち込んでいけば1戦目と同じパターンでKO負け、ビビって打ち込まなければ内山vsコラレス2のようにグダグダ判定負けでしょう。
ネリは、井上が挑むバンタム級王者の最有力候補と思いますので、そこを気にしながら見たいと思います。
他の王者を見ると、バーネットはイギリス引きこもりだし、テテは危険すぎるので、井上戦は実現しないと思います。

返信する
stonemeintothegroove

井上の相手はまんじろうさんの予想が当たりそうですね。
バーネットなら楽勝なんですが、イギリス人は日本には来ないでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です