とりあえず速報! まずは井岡一翔&高山勝成 恒例?年末世界戦

WBA世界フライ級タイトルマッチ

井岡一翔VSファン・カルロス・レべコ(アルゼンチン)(2015年12月31日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160101123107j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160101123135j:plain

 (出典:TBS)

ついにボディで井岡がKOしました!

10ラウンドまではもちろん井岡がリードしていましたが相変わらず慎重なボクシングを展し、9ラウンドに倒しに行きまましたが、レべコもさすがに元チャンピオン、しぶとく粘ります。

10ラウンドは休憩。そして11ラウンド。カウンターを狙ってレべコの追撃を見ながら、左ボディから右ボディカウンターを決め、さすがのレべコもファイティングポーズをとることができませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160101123214j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160101123247j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160101123323j:plain

  (出典:TBS)

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ

高山勝成VSホセ・アグメド(メキシコ))(2015年12月31日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160101123407j:plain

  (出典:TBS)

 負傷判定負け!

2-1のスプリットデシジョンでしたが、私の採点でも2ポイント差でアグメドの勝ちでした。

高山のボディは結構効果的でしたが、アグメドの距離で戦ったときには、アグメドのパンチをかなり被弾していました。

まあ全体的には挑戦者の方がプレッシャーをかけてペースを握っていました。

スタミナ勝負になったら高山にも勝機があったでしょうが、やっぱり高山の傷癖があだになりましたね。

  f:id:stonemeintothegroove:20160101123439j:plain

  (出典:TBS)

No tags for this post.

2 Comments

評論家

この日の井岡は上から見下ろすようなボクシングでしたね~
打ち合ってもボクシングしても負けないぞという強いプライドを感じさせましたね
上下にしっかり散らして相手が効いたら手打ち連打で追撃、防御にも隙がなく実に憎い試合運びです

返信する
stonemeintothegroove

攻めもまずまずでしたが、防御の方は完璧でしたね。さすがのレべコも完敗を認めざるを得ませんでした。
それに引き換え、内山に負けたフローレスの談話はふざけていますねえ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)