中谷潤人が6ラウンドKO勝ちで3階級制覇 VSアレハンドロ・サンティアゴ(WBO世界バンタム級タイトルマッチ)2月24日Amazon prime Videoで生配信

目次

WBO世界バンタム級タイトルマッチ

アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)VS中谷潤人(M.T)

中谷がWBO世界S・フライ級王座を返上し、バンタム級に階級を上げ3階級制覇に挑みます。

両選手のプロフィール

アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)WBC世界バンタム級4位

36戦28勝14KO3敗5分け、28歳 オーソドックス

身長 159センチ  リーチ 166センチ

3敗のうち2敗は6回戦時代に喫したものです。2018年9月にIBF世界S・フライ級王者のジェルウィン・アンカハスに挑戦し、惜しくも引き分けでタイトル獲得に失敗。2021年11月にゲーリー・アントニオ・ラッセルと対戦し判定負けで3敗目を喫しました。2022年は3戦全勝、井上尚弥に挑戦したこともあるアントニオ・ニエベスにも10月29日にTKO勝ちしています。そして、2023年7月にノニト・ドネアとWBOバンタム級王座決定支援を行い、完勝でタイトルを獲得しました。

中谷潤人(M.T)前WBO世界S・フライ級王者

26戦全勝19KO、26歳 サウスポー

身長 171cm リーチ 170cm

2016年、矢吹正道に判定勝ちして、新人王を獲得しました。2020年11月に、ジーメル・マグラモにKO勝ちして、WBO世界フライ級タイトルを獲得。そして初防衛戦は何とアメリカで行い、アンヘル・アコスタにTKO勝ちしました。2022年2月、山内涼太に8ラウンドTKO勝ちで2度目の防衛に成功しています。2023年5月にアンドリュー・モロニーと王座決定戦を行い、12RKOで王座を獲得しました。そして、初防衛に成功した後王座を返上し、さらにバンタム級に階級を上げてきました。

試合展開

「わしボク」が危惧しているのは、中谷のフィジカル面がバンタム級で通用するのかということです。体格は申し分ありませんが、fフィジカルの強さは別です。S・フライ級でもややパワー負けしている感じがしました。

序盤から中谷がペースを握り、6ラウンドに左ストレートでダウンを奪い、立って来たサンティアゴに連打を浴びせ、レフリーが試合をストップしてKOで、3階級制覇を達成しました。中谷の左ストレートは強烈ですね。

 

2 Comments

サンティアゴはもうちょっと楽にインサイドに入れると予想して、中谷もインサイドを好むので撃ち合いに付き合い、被弾し、採点で中谷勝利の予想だったんですけど、外れました。中谷、怖いぐらいに強かったです。4団体統一に一番近いのは中谷かも、ですね。

返信する
わしボク

「わしボク」の予想に反して、中谷のパンチ力は破壊力を増していました。脱帽です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)