矢吹正道が序盤からペースを握り、11RTKO勝ち   VSロナルド・チャコン(IBFライトフライ級挑戦者決定戦)abemaTVで無料放送。

目次

矢吹正道(緑)VSロナルド・チャコン(ベネズエラ)

IBF世界ライトフライ級挑戦者決定戦(2023年1月28日)

両選手のプロフィール

矢吹正道(緑)IBF8位・WBA13位・WBC11位・WBO8位

18戦14勝13KO4敗 30歳 オーソドックススタイル

身長166cm リーチ ?

2016年12月に新人王タイトルの決勝戦で中谷潤人に判定負け(ほぼ互角の戦いでした)

2020年7月に佐藤剛を1RKOで倒し、日本ライトフライ級タイトルを獲得

2020年12月に大内淳雅に判定勝ちして、初防衛に成功(これがキャリア唯一の判定勝利)

2021年9月にWBC王者の寺地拳四郎に挑戦し、10RTKO勝ちで王座を獲得

2022年3月に寺地とのダイレクトリマッチで3RKO負けで王座陥落

2022年9月に世界4位のタノンサック・シムシーに7RTKO勝ちで再起戦を飾る

ロナルド・チャコン(ベネズエラ)IBF7位・WBA8位

30戦28勝19KO1敗1分け、31歳

1敗はデビュー戦で判定負けしたもです。現在8連続KO勝利中のハードヒッターですが、名のある選手のとな対戦はありません。

試合経過

両選手、前日計量を一発でパスしています。KO決着必至の対戦となるでしょうね。

序盤から左ジャブで矢吹がペースを握ります。中盤から矢吹のボディ攻撃がチャコンにダメージを与え、7ラウンドに2度ダウンを奪います。

8ラウンドにもダウンを奪い、試合はほぼ一方的になってきました。そろそろ倒すかなと思いましたが、チャコンも粘ります。9~10ラウンドは、矢吹の攻勢に必死で応戦します。

このまま判定かなと思われた11ラウンド。ボディブローからワンツーの連打で防戦一方になったチャコンを見て、レフリーが試合ストップしました。格の違いを見せましたね。

矢吹の完成度は高いですね。もう少し積極的に倒すボクシングをすれば、人気も出ると思うし、世界も間違いなく取れると思います。フィジカル的には2階級制覇も可能でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)