注目のライト級新星、フランク・マーティンが4RTKO勝ちで、全勝をキープ VSロメロ・デュノ

目次

(出典:WOWOW)

ライト級10回戦(2021年12月29日)

フランク・マーティン(アメリカ)VSロメロ・デュノ(フィリピン)

両選手のプロフィール

フランク・マーティン(アメリカ)WBC世界ライト級13位

14戦全勝10KO、27歳

左サウスポースタイル 身長 172cm

スピード、テクニックは一級品、さらにサウスポースタイルからの左カウンターが得意で、将来の世界チャンピオン候補と言われています。

ロメロ・デュノ(フィリピン)元NABO北米ライト級王者

26戦24勝19KO2敗

右オーソドックススタイル 身長 170cm

2019年11月に、ライアン・ガルシアと対戦し、1RKO負けを喫しています。しかし、戦績が示す通り、パンチ力はかなりありそうです。

試合展開

1R)

初回からデュノが大振りのパンチを振り回し、マーティンを追いかけます。マーティンは右ジャブを突いて下がりながら距離を取ります。リング上で見た感じでは、デュノの方がやや体格的には大きく見えます。ただ、デュノが互角に戦えたのは、初回のみ。

2~3R)

デュノはパワーに任せて、プレッシャーをかけ、前に出ますが、大振りのパンチは、マーティンのステップバックやボディワークにより、ほとんど空を切ります。かなり重そうなパンチで、マーティンも用心していますが、シャープな左カウンターをヒットさせ、スピードとスキルの違いを見せつけます。

4R)

4ラウンドに入ると、デュノのプレッシャーはさらに強くなります。しかし、ラウンド中盤に、マーティンの引っ掛けるような右フックで、デュノがダウン。これはスリップと裁定されましたが、結構ダメージがあったように見えます。

その後、デュノの動きに精彩がなくなり、マーティンの攻撃でロープに詰まります。デュノも反撃に転じますが、そこへマーティンの会心の左フックがカウンターでデュノの顎をとらえます。何とか立ってきましたが、ダメージは深刻です。

残り45秒、マーティンが倒しに行きます。デュノをロープに詰め連打を浴びせます。必死で応戦するデュノですが、右ストレートがカウンター気味に入ると、デュノが2度目のダウンを喫します。これは立てないかも。

何とか立ってきましたが、セコンドからのギブアップのサインで、レフリーが試合を止めました。

4RTKO勝ちで、マーティンが連勝を15に伸ばしました。それにしても左のカウンターのタイミングは抜群ですね。見た目にはそれほどパンチ力があるようには見えないのですが、距離感とタイミングがいいのでしょう。もう少しパワーが付けば、世界タイトルも見えてくると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)