尾川堅一2ラウンドKO負け、初防衛失敗! VSジョー・コルディナ

目次

(大の字に倒れた尾川)

尾川堅一が海外で初防衛戦

IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ(2022年6月4日、イギリス)

イギリスからの生配信はいつも、朝が早い!でもアンダーカードが結構あるようですので、尾川の試合は、5時か6時頃という話です。3時は辛いけど、5時なら大丈夫ですよ。井上尚弥のWBSS準決勝も、5時から起きて観ました。5時から起きた値打ちがありましたね。

尾川堅一(帝拳)VSジョー・コルディナ(イギリス)

両選手のプロフィール

尾川堅一(帝拳)IBF世界S・フェザー級王者

29戦26勝18KO1敗1分け1NC、34歳 オーソドックススタイル

身長 173cm  リーチ 173cm

ジョー・コルディナ(イギリス)IBF世界S・フェザー級3位

14戦全勝8KO、30歳 オーソドックススタイル

身長 175cm 

展開予想

海外でタイトルを獲得した尾川ですが、初防衛戦も試練が待っていましたね。コルディナはイギリスの無敗のホープ、しかも敵地での試合、倒さないと勝てないでしょう。情報によると、完成度の高いボクサーのようです。手数が多く好戦的なタイプですが、ディフェンスもうまく、すべてにおいてスキルが高い「うまい!」ボクサーです。ただ、怖いパンチはなさそうなので、尾川が倒されることはないでしょう。しかし、残念ですが、ズバリ「尾川の大差判定負け」と予想します。

試合展開

1ラウンドはお互い様子見で、それほどパンチをかわすことはありませんでした。

しかし、2ラウンドに入って間もなく、コルディナの狙いすました右ストレートが見事なタイミングで、尾川の顎を打ち抜き、ダウン!尾川は大の字に倒れ、しばらく立つことが出来ませんでした。

敵地イギリスでの防衛戦は、KO負けで無残に散ってしまいました。「わしボク」はコルディナのパンチを侮っていましたね。また、尾川もまだ体がほぐれていないところへもらったので、余計に効いてしまったのでしょう。

4 Comments

どうしてあんなに真面にパンチを貰っちゃたんだろう?
力を込めたストレートで当たるはずの無いパンチに見えたんですけど。
1Rだけで判断すると、勝てない相手ではなかったと思いました。
youtubeのハイライド動画が1Rを全て見せてくれたので、これは早いランドでKO決着のはず。これはひょっとして勝つんじゃないかと逆を予想してたら、負けでした。

返信する
わしボク

呑まれて冷静さを欠いていたのと、それによって集中力も欠いていたのでしょう。あんなパンチをまともにもらった尾川は初めて見ました。全く反応できてませんでしたね。

返信する
怒りの王子

ボディジャブのフェイクに引っかかった、雰囲気に呑まれたとなってますねぇ

アウェーでの初防衛戦で陥落とはコルディナの方が一枚上手だったんでしょうね。

返信する
わしボク

どちらにしても、コルディナが勝つと思っていました。
まさか、2RKO負けするとは思いませんでしたけどね。
尾川が打たれもろいということは、わかっていましたが、コルディナはタイミングが上手いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)