外国人がダメなら、日本のリトル・パッキャオが相手だ!井岡一翔の世界戦VS福永亮次(WBO世界S・フライ級タイトルマッチ)

目次

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2021年12月31日)

井岡一翔(志成)VS福永亮次(角海老宝石)

TBS系列で、午後6時30分から生中継されます。久しぶりに地上波でボクシングが観られますね。

オミクロン株のおかげで、外国人が来日できなくなり、井上尚弥はぎりぎりセーフでしたが、井岡と村田はアウト。一時は中止というアナウンスでしたが、やはり「大晦日男」の意地ですかね。リトル・パッキャオの福永亮次を相手に防衛戦を行うことになりました。

両選手のプロフィール

井岡一翔(志成)WBO世界S・フライ級王者

29戦27勝15KO2敗、32歳。右オーソドックス

身長 166cm リーチ168cm

田中恒成戦では、圧倒的な実力差を見せたものの、2021年9月フランシスコ・ロドリゲス戦では、大苦戦し、ややホームタウンデシジョンでなんとが判定で3度目の防衛に成功しています。

今回がリベンジの4度目の防衛戦となります。

福永亮次(角海老宝石)WBO6位、日本&アジアパシフィック王者

19戦15勝14KO4敗、35歳。左サウスポー

身長168cm リーチ ?

2013年に新人王を獲得してます。→ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

2018年に2連敗していますが、その後5連続KO勝ちで、2021年10月に梶颯と対戦し、大苦戦の末、2-0の判定で勝利しています。しかし「わしボク」は梶の方がポイントで勝っていたと思います。とはいえKO率74%のハードパンチは、井岡にとっては脅威でしょうね。

試合展開予想

どちらも直前の試合では不甲斐ない結果となっていいます。そして、一旦中止になって気を抜いた井岡と、突然のご指名の福永。どちらがコンディション的に優位なんでしょうか。試合運び、ボクシングスキルでは圧倒的に井岡に軍配が上がります。しかし、福永も梶颯戦ではその豪打を見せることが出来ず、不甲斐ない試合でしたが、15勝のうち14勝がKOという強打者です。

まず、リングに上がった時の両選手のコンディションが一番重要ですね。どこまで仕上げるか。パワーでは福永が上だと思います。井岡は下がりながら、チャンスをうかがうことになるでしょう。どのぐらいスキルの差があるのかが予測できません。本来なら、井岡はこの程度の相手は、中盤辺りから仕留めにかかることでしょう。しかもこういう好戦的なファイターは得意です。井岡が本調子なら、後半に倒すか、大差で判定勝ちだと思います。

ともかく、詳細が分かり次第、追加してきます。試合経過は、直前にブロクを投稿します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

怒りの王子

先ほど録画予約しました

6ラウンド~10ラウンドに井岡が左ボディか左フックでTKO勝ちと予想します。

返信する
わしボク

久しぶりに地上波でボクシングが観られますね。対戦カードは今一つですが、そこは我慢しましょう。
「わしボク」は怒りの王子さんに対抗して、序盤に福永の強打がヒットし、KO勝ちと予想しましよう。
「わしボク」の予想はホントに当たりませんけどね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)