全勝対決はデビッド・べナビデス6R終了TKO勝ち VSデメトゥリアス・アンドラーデ(WBC暫定世界S・ミドル級タイトルマッチ)UーNEXTが11月26日に生配信

目次

WBC暫定世界S・ミドル級タイトルマッチ

デビッド・べナビデス(アメリカ)VSデメトゥリアス・アンドラーデ(アメリカ)

両選手のプロフィール

デビッド・べナビデス(アメリカ)WBC暫定世界S・ミドル級王者

27戦全勝23KO、26歳 オーソドックス

身長 188センチ  リーチ 189センチ

2017年にWBC世界S・ミドル級王座を獲得。初防衛に成功後、薬物疑惑で休養王座に認定されました。2019年にWBC王者のアンソニー・ディレルに9RTKO勝ちで、再度王座を獲得しましたが、2020年8月の初防衛戦で体重オーバーし、タイトルを失っています。2022年5月にデビッド・レミューとWBC世界S・ミドル級暫定王座決定戦行い、TKO勝ちでタイトルを獲得し、2023年3月にケイレブ・プラントに大差の判定で初防衛に成功しました。

デメトゥリアス・アンドラーデ(アメリカ)WBC5位

32戦全勝19KO、35歳 サウスポー

身長 185センチ  リーチ  ?

2013年11月、WBO世界S・ウェルター級王座決定戦に判定勝ちして王座を獲得しました。しかし、初防衛に成功してからはく奪されました。WBAの王座も獲得しましたが、すぐに返上し、2018年10月にWBO世界ミドル級王座を獲得し、5度防衛して返上しました。

試合展開

序盤から一回り大きいべナビデスが、角度のあるフックで攻め立てます。そして、4ラウンドにダウンを奪いました。その後の5~6ラウンドもべナビデスが一方的に攻め立てます。6ラウンドはおまけでしたね。

6ラウンド終了時点で、セコンドからギブアップ。べナビデスが6ラウンド終了TKO勝ちで全勝対決を制しました。

べナビデスがWBC暫定世界S・ミドル級タイトルの2度目の防衛に成功しました。

「わしボク」は正規王者のサウル・アルバレスに勝てると思います。恐らく、アルバレスは対戦を拒否するでしょうね。

 

2 Comments

ベナビデスとアンドラ―デは面白かった。前半はアンドラ―デの良さが光ったけど、パワー?それとも耐久力?の差がもろに出ましたね。アンドラ―デもかなり良かったように見えたんだけど、やっぱり年齢と、経験の差が出たのかな。アンドラ―デは年齢重ねたけど、良い相手とやってこなかったのが痛い。
ビナビデスは左が苦手なのかなと思ったけど、近距離になると関係なかったですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)