井上尚弥の対戦相手が決まりましたね。IBF&WBA世界バンタム級タイトルマッチ(12月14日に東京で開催)

IBF&WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ(12月14日東京)

井上尚弥(大橋)VSケンナコーン・GPP・ルアマイカイモック(アラン・ディパイン)(タイ)

4団体統一のための相手がそれぞれ、各団体から指名試合を命じられ、井上は仕方なく調整試合を挟むことになったようです。WBO王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)は12月11日に1位のポール・バトラー(イギリス)と対戦、ノニト・ドネア(フィリピン)は暫定王者のレイマート・ガバリョ(フィリピン)とそれぞれ防衛戦を行います。

対戦相手を探しまくったようですが、多分断られたんでしょうね。そして、やっと見つけたのがケンナコーンだったのでしょう。

井上尚弥(大橋)IBF&WBAスーパー世界バンタム級王者

21戦全勝18KO 28歳 オーソドックススタイル

もう井上についての詳しい説明は、不要でしょ。「わしボク」は日本人ボクサーとしては、過去最強だと思います。

 

ケンナコーン・GPP・ルアマイカイモックは、14戦12勝11KO2敗、30歳。IBFバンタム級6位 

2019年の荒川竜平戦を観ましたが、オーソドックススタイルで、いかにもタイのボクサーらしい感じがしました。2021年3月にIBFパンパシフィック王座を獲得して、IBFのランカーになったようです。KO率こそ高いものの、名のある選手の対戦は皆無です。WBAのランキングにも入る予定だそうで、とにかくダブルタイトルマッチの形だけは整えるみたいですね。ちなみに身長は162cmと井上よりやや低いようです。

どこのテレビ局で放送されるのは、まだ分かりません。詳細が分かり次第、ご報告します。

展開予想

はっきり言って、井上の対戦相手としては、過去最低の選手かもしれません。井上がよほど油断して、調整に失敗でもしない限り、早い回でのKO決着となるでしょう。それだけに、ケンナコーンはこれにもし勝つようなことがあれば、今年最高のアップセットになりますね。負けてもともと、気楽に試合に臨めます。一か八かでかかってくるでしょうから、そこは注意が必要です。

 

 

 

 

4 Comments

怒りの王子

右ストレートが得意みたいですがスピードやテクニックはさほど無いみたいですね

ボディを打たれて終わりだとの予想がありますが私も同感です。

返信する
わしボク

怒りの王子さん、コメントありがとうございます。
この相手の対戦者を調べましたが、ホントに無名の、しかも戦績も大したことのない選手ばかりで、ずっこけです。
タイ人特有のボクシングスタイルですが、ボディ一発で沈むでしょう。観光がてらやってくるのではないですか。

返信する
怒りの王子

こんばんは

写真見たら割とがっしりとした体格でしたがムエタイから転向したみたいですね

観光ボクサーは嫌ですよね苦笑

返信する
わしボク

「わしボク」も1試合しか見てませんが、まさにムエタイからの転向ボクサーという感じでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)