レジス・プログレイスが11RKO勝ちで王座返り咲く VSホセ・セペタ(WBC世界S・ライト級王座決定戦)

目次

(出典:WOWOW)

ホセ・セペタ(アメリカ)VSレジス・プログレイス(アメリカ)

WBC世界S・ライト級王座決定戦(2022年11月26日)

ジョシュ・テイラーが王座を返上したため、1位のセペタと2位のプログレイスとで王座決定戦を行うことになりました。

両選手のプロフィール

ホセ・セペタ(アメリカ)WBC世界S・ライト級1位

39戦35勝27KO2敗2NC、33歳 サウスポースタイル

身長173cm  リーチ 179cm

2015年7月にテリー・フラガナンとWBO世界ライト級王座決定戦を行いましたが、2RTKO負けで王座獲得に失敗し初黒星を喫しました。2019年2月にWBC世界S・ライト級王者のホセ・カルロス・ラミレスに挑戦し、僅差の判定負けで王座獲得ならず。しかし、2020年10月のイラン・バランチク戦は8度のダウン応酬の末、5RKO勝ちして、年間最高試合を総なめにしました。

レジス・プログレイス(アメリカ)WBC2位

28戦27勝23KO1敗、33歳 サウスポースタイル

身長 173cm  リーチ 170cm

2018年3月、ジュリアス・インドンゴと暫定王座決定戦を行い、2RTKO勝ちで、WBC世界S・ライト級暫定王座を獲得しました。2018年7月にファン・ホセ・ベラスコに8RTKO勝ちして、WBC世界S・ライト級ダイヤモンド王座(WBCの気まぐれタイトルです)を獲得しました。2019年10月にWBSSの決勝で、ジョシュ・テイラーに判定負けして優勝を逃しました。

試合経過

徐々にプログレイスが攻勢をかける

サウスポー対決です。序盤はリーチの長いセペタの距離で始まりました。しかし、プログレイスの上体の動きはいいですね。

3ラウンドからプログレイスが距離を詰めてきました。セペタも下がりながら応戦します。セペタは技巧派ボクサーですが、パンチ力もありますので、プログレイスもそれほど強引に攻めこみません。セペタは右の目じりをカットしたようです。

中盤からプログレイスがテンポを上げる

5ラウンドはプログレイスが、ジャブを突いてプレスをかけ前に出ます。そして上体と頭を常に動かしているので、セペタは上手くパンチをヒットできません。セペタも下がりながらジャブを突きますが、プログレイスの前進を止めることが出来ません。セペタのパンチは、プログレイスの速い動きに空を切る場面が多くなりました。

6~7ラウンドはプログレイス、スタミナ温存?

6ラウンドから前にでるものの、プログレイスの手数が少し減ります。少し休んでいるのかな。パンチのスピードはプログレスの方が上ですね。セペタのパンチに合わせて、プログレスがカウンターを合わせます。セペタのジャブはヒットしますが、左がなかなか当たりません。少し退屈なラウンドが続きます。

さて終盤

10ラウンドからブログレイスがギアを上げます。セペタも負けずに応戦しますがプログレイスの手数が上回ります。セペタが反撃に転じますが、プログレイスの左フックがセペタの顎をヒット!

そこからプログレイスのラッシュで、セペタがダウンし、レフリーが試合を止めました。

例によって、カリフォルニアルールで、「TKO」ではなく、プログレイスの11ラウンドKO勝ちとなりました。しかし「わしボク」としては、このチャンピオンは長くないような気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)