リオ五輪金メダリストのトニー・ヨカが判定負けで初黒星 VSマーティン・バコレ

(出典:WOWOW)

トニー・ヨカ(フランス)VSマーティン・バコレ(コンゴ共和国)

ヘビー級10回戦(2022年5月14日)

両選手のプロフィール

トニー・ヨカ(フランス)IBF世界ヘビー級5位・WBC10位

11戦全勝9KO、30歳  オーソドックススタイル

身長201cm  リーチ 208cm

2016年のリオ五輪で金メダルを獲得し、2017年、プロに転向しました。着実に勝利を積み重ね、今やフランス期待の世界チャンピオン候補です。全勝、KO率82%。

マーティン・バコレ(コンゴ共和国)WBA世界ヘビー級9位・IBF15位

18戦17勝13KO1敗、28歳  オーソドックススタイル

身長 198cm  リーチ 200cm

元WBCインターナナショナル王者。唯一の1敗はKO負けです。

試合展開

リング上で対峙すると、数字以上にヨカが大きく見えますね。しかし、体重はバコレの方がかなり重そうです。

1ラウンド、いきなりヨカがダウン

そのバコレが前に出ます。ヨカは下がりながらジャブを突き距離を取ります。バコレのパンチは重そうです。バコレの左右のフックがテンプルにヒットし、少し効いた感じです。2分過ぎあたりから、バコレのプレッシャーがきつくなり、右フックをガードの上から叩きつけると、ヨカがロープに飛ばされ、体勢を崩したところへまた右フックをガード上から叩きつけると、ヨカはたまらずダウン。すごいパワーですね。

3ラウンドからヨカも少し持ち直しましたが、相変わらずバコレのパワーに押されています。ジャブの威力が違う感じです。バコレのボクシングスタイルは、ルイス・オルティスに似ていますね。

話は逸れますが、短い名前は、入力が楽ですね。さて、試合に集中しましょう!(ジョー小泉さんの真似です)

5ラウンドにヨカがまたダウン

4ラウンドは、ヨカの手数が少し増えてきました。リズムを取り戻した感じです。しかし、バコレは前にでながら、相手をよく見ています。パンチの的確性はバコレですね。

5ラウンドにバコレが右ストレートを放ち、中腰になったヨカが、足をひねったように膝を着きました。まだ2分以上あります。バコレはコンパクトなパンチで追いつめます。ヨカは防戦一方です。所々で、ヨカもオリンピアンらしく、シャープなパンチをヒットさせますが、勢いで負けています。

後半もヨカが劣勢のまま

バコレはコンパクトなパンチをポンポンを放ち、省エネボクシングで、ヨカを追いつめます。ヨカもフットワークを使って、時折シャープなパンチを返しますが、バコレも大きなパンチでヨカをロープに追いつめます。

バコレはコンパクトな省エネパンチでヨカを追いつめ、ビッグパンチのタイミングを狙っています。8ラウンドぐらいから、ヨカのシャープなパンチも増えてきましたが、劣勢を挽回するまでには至りません。しかし、終盤はバコレもさすがに疲れてきたようで、手数も減ってきましたが、うまく休みながら、ペースを譲りません。しかし、ヨカも手数が増えません。最終ラウンドはまた、バコレが攻め立てます。ヨカは手を出しませんね。まさか勝ってるとは思っていないでしょう。

一番驚いたのは採点です

2-0(95-93,96-92,94-94)でバコレの判定勝ちですが、94-94をつけたジャッジは一体どこを見ていたのでしょうか。「わしボク」はどう譲っても98-90でバコレですね。

勝ったバコレは、パワーがあって試合運びもうまいですし、コンパクトなパンチはカウンターをもらいにくく、ディフェンスもしっかりしています。まだ、28歳、これから楽しみな選手です。

ヨカは、この敗戦で世界戦線から大きく脱落ですね。すべては1ラウンドにダウンを喫したのが敗因ですが、パワー不足も否めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)