ホセ・バエンスエラが失神KOでリベンジ VSクリス・コルバート(WBA世界ライト級挑戦者決定戦)

目次

(出典:WOWOW)

WBA世界ライト級挑戦者決定戦(2023年12月16日)

クリス・コルバート(アメリカ)VSホセ・バエンスエラ(アメリカ)

両選手のプロフィール

クリス・コルバート(アメリカ)WBA世界ライト級7位

18戦17勝6KO1敗、27歳 スイッチヒッター

身長 170センチ  リーチ 177センチ

2020年1月、ジェスリル・コラレスに判定勝ちして、WBA暫定世界S・フェザー級王座を獲得し、2度防衛に成功しました。しかし、WBAが暫定王座を廃止したため指名挑戦者となり、挑戦者決定戦で初黒星を喫しました。2023年3月にホセ・バエンスエラと対戦し、ダウンを奪われながらも判定勝ち。微妙な採点だったため、ダイレクトリマッチを行うことになりました。

ホセ・バエンスエラ(アメリカ)WBA9位

14戦12勝8KO2敗、24歳 サウスポー

身長 175センチ  リーチ 175センチ

2022年4月、フランシスコ・バルガスに1RKO勝ちして、WBC米大陸ライト級タイトルを獲得しましたが、初防衛に失敗しました。その後、コルバートにも判定負けして2連敗を喫しました。

試合展開

前回同様、初回、バエンスエラが連打でダウンを奪いました。防戦一方で腰を落としたコルバートを見て、「わしボク」はレフリーストップかと思いましたが、ダウンの裁定でした。この回はバエンスエラの猛攻を何とかしのぎました。

その後もバエンスエラがペースを握り、コルバートは全くいいところがありません。パンチのスピードはコルバートの方がありそうですが、バエンスエラは当て勘がよく、上体の柔らかさでクリーンヒットを許しません。

そして6ラウンドにややペースアップしたバエンスエラが、ラウンド中盤、右フックを豪快に打ち込みロープ際に倒れたコルバートは完全に失神。レフリーはすぐに試合をストップしました。

バエンスエラが6ラウンドKO勝ちで、ジャーボンテイ・デービスへの挑戦権を獲得しました。しかし、このタイトルマッチはいつ実現するのでしょうね。

一方のコルバートは、これで世界戦線から完全に脱落しましたね。

「わしボク」の独り言

もういい加減、自転車が歩道を走るのを禁止してもらえませんか。まだまだ勘違いしてベルを鳴らして、暴走している馬鹿がいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)