フリオ・セサール・マルチネスが11RTKO勝ちで防衛成功  VSロナル・バティスタ(WBC世界フライ級タイトルマッチ)

目次

フリオ・セサール・マルチネス(メキシコ)VSロナル・バティスタ(パナマ)

WBC世界フライ級タイトルマッチ(2023年5月7日)

フリオ・セサール・マルチネス(メキシコ)WBC世界フライ級王者

23戦19勝14KO1敗2NC、28歳 オーソドックス

身長 157.5センチ  リーチ 162.5センチ

この選手、なんとデビュー戦は負けているんですね。その後は順調に連勝し、2019年12月にクリストファー・ロサレスにTKO勝ちして、WBC世界フライ級タイトルを獲得しています。ロサレスといえば、2018年4月に体重オーバーした比嘉大吾に9RTKO勝ちして、WBC世界フライ級タイトルを獲得した選手です。

なお、マルチネスはその後、2020年2月に初防衛に成功しています。2022年3月、WBCタイトルを保持したままロマゴンと対戦し、大差の判定負けを喫しました。しかし、2022年12月に4度目の防衛に成功しています。

ロナル・バティスタ(パナマ)WBA世界S・フライ級8位

17戦15勝9KO2敗、26歳

身長 162.5センチ  リーチ 167センチ

デビュー4戦目でTKOしています。その後9連勝して、2019年12月、ミーシャン・アロイヤンとWBA世界フライ級ゴールド王座決定戦行い判定負け。現在3連勝中。

展開予想

実力差はかなりありそうですが、凡戦になりそうな気がします。KO決着は期待できないでしょうね。その場合は「試合展開」は3行ぐらいで終わらせます。

試合展開

2ラウンドからマルチネスがプレスを強め、あとは少しずつ一方的な展開になってきます。さらにマルチネスは頻繁にスイッチし、多彩な攻撃でバティスタを圧倒します。

中盤からバティスタが前に出て、反撃に転じますが、マルチネスはロープを背にカウンターを狙います。

その後はマルティネスもやや省エネボクシングに切り替え、ラウンド終盤だけラッシュする戦法に切り替えます。

そして、11ラウンド、1分過ぎにマルチネスがバティスタをロープに詰め、バティスタが防戦一方になったところで、レフリーが割って入りました。あまり効いていないような気がしましたが、まあ、これだけ一方的な試合では仕方がないでしょうね。

マルティネスが11ラウンドTKO勝ちで5度目の防衛に成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)