ファン・フランシスコ・エストラーダが小差の判定で防衛に成功 VSローマン・ゴンザレスの第3戦(WBC世界S・フライ級タイトルマッチ)

目次

(出典:DAZN)

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)VSローマン・ゴンザレス(ニカラグア)

WBC世界S・フライ級タイトルマッチ(2022年12月3日)

この日は忙しいですね。5時からタイソン・フューリーで10時からロマゴン。

両選手のプロフィール

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)WBC世界王者

46戦43勝28KO3敗、32歳 オーソドックススタイル

身長 163cm  リーチ 168cm

2012年11月、WBAライトフライ級王者のローマン・ゴンザレスと対戦し、判定負けで王座獲得に失敗。2013年4月にブライアン・ビロリアに挑戦し判定勝利で、WBA・WBOフライ級タイトルを獲得しました。5度防衛後、タイトルを返上し、S・フライ級に階級を上げました。2018年2月にWBC王者のシーサケット・ソールンビサイに判定勝ちして、タイトルを獲得し、2021年3月、WBA王者のローマン・ゴンザレスと王座統一戦を行い、判定勝ちで王座を統一しました。WBAの王座を返上後、大苦戦の末初防衛に成功しました。

ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)WBA世界S・フライ級1位

54戦51勝41KO3敗、35歳 オーソドックススタイル

身長 160cm   リーチ 163cm

フライ級まではその強打と、止まらない連打で、PFP(パウンド・フォー・パウンド)でもトップに君臨したロマゴンですが、その評価を一気に下げたのが、シーサケット・ソー・ルンブィンサイに連敗しことですね。しかも2戦目(2017年9月)は何と4RKO負けという、まさに完敗でした。そして、2021年3月に、フランシスコ・エストラーダとの再戦で、2-1の判定で敗れています。2022年3月にフリオ・セサール・マルチネスに判定勝ちして再起戦を飾りました。

展開予想

もう苔の生えたような、新鮮味のない対戦です。おっと、苔に失礼でしたね。凡戦必至の12ラウンドになるでしょう。退屈で途中で寝てしまうかもしれません。試合結果は2行ぐらいで済むと思います。

試合展開

エストラーダってホントに詰まらないボクサーですね。

前半はエストラーダがロマゴンの前進をうまく捌き、後半ロマゴンが追い上げましたが、何とか逃げ切りました。ほぼ前回の試合内容と同じです。ダメージブローもなければスリリングな場面もありませんでした。

判定は2-0(114-114,116-112,115-113)でエストラーダが逃げ切りました。

2 Comments

エストラーダのゲームプランが良かった?のかどうかは分かりませんが前半にポイントを重ねたの勝因ですね。まさか1Rからバックフットで戦うとは誰も予想してなかったと思います。足止めて殴り合うのを期待していたのでガッカリですね。でもエストラーダの進化を私は褒めたいと思います。まともに殴り合って勝てない相手に工夫を重ねたわけだし。
今日のエストラーダが井上と戦えば、8Rぐらいまでは生き延びることも出来そうな気がします。

返信する
わしボク

エストラーダは完璧に仕上げてきましたね。動きにキレがありました。
パンチ力のないロマゴンは魅力がないですね。エストラーダが上手くパンチを殺していたのもありますが。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)