ジャーボンテイ・デービス左フック一発で6RTKO勝ち!  VSローランド・ロメロ(WBA世界ライト級タイトルマッチ)

目次

(出典:WOWOW)

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSローランド・ロメロ(アメリカ)

両選手のプロフィール

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)WBA世界ライト級王者

30戦全勝23KO、27歳 サウスポースタイル

身長166cm リーチ 171cm

2017年1月にホセ・ペドロサに挑戦し、IBF世界S・フェザー級タイトルを獲得しました。このタイトルは1度防衛後、体重オーバーで剥奪されましたが、2018年にWBAのS・フェザー級タイトルを獲得しました。2度防衛後、ユリオルキス・ガンボアとWBA世界ライト級王座決定戦でKO勝ちし、2階級制覇に成功。初防衛戦では、レオ・サンタ・クルスを強烈なアッパーで失神させています。更に、2021年にマリオ・バリオスにTKO勝利して、なんとWBA世界S・ライト級タイトルも獲得しました。この時点で、3階級同時王者となっています。その後ライト級の防衛戦で、イサック・クルスに大苦戦の末、判定で防衛に成功しましたが、「わしボク」はクルス戦でデービスのスキルの高さを再認識しました。S・ライト級の王座は返上しています。

 

ローランド・ロメロ(アメリカ)WBA世界ライト級1位

14戦全勝12KO、26歳 オーソドックススタイル

身長 173cm  リーチ 173cm

2020年8月、ジャクソン・マルチネスに判定勝ちして、WBA暫定世界ライト級タイトルを獲得しました。その後防衛戦を2度行ってますが、いずれも相手が体重オーバーで、最初の試合は相手が変更になり、ノンタイトル戦。2度目は最近よくある変則条件でTKO勝ちして初防衛に成功しました。しかし、2021年8月にWBAが暫定王座を廃止したため、現在は指名挑戦権のある1位にランクされています。

2試合、ロメロの動画をYouTubeで見ました。2021年1月にエイブリー・スパロウとのノンタイトル戦と、2021年7月の初防衛戦でアンソニー・イギットと対戦した試合です。イギットの試合では、ではサウスポーを全く苦にすることなく、左右のパンチで倒しまくり、7RTKO勝ちしました。快勝ですね。いただけないのは、その前のスパロウ戦です。開始早々ダウンを奪ったまではよかったのですが、その後は集中力を欠いた雑なボクシングが続き、結局相手の足の故障によりTKO勝ちしで終了しました。攻撃が単調でスピードもそれほど感じらませんでした。

デービスが苦戦したイサック・クルスの方が間違いなく強いですね。

 

展開予想

この試合はKO必至でしょう。おそらく序盤はデービスが様子を見て、中盤辺りから倒しにかかると思います。ロメロのパンチも侮れませんが、クルス戦でデービスの防御スキルの高さは証明されていますので、まともにロメロのパンチをもらうことはないでしょうね。スピードの差も歴然としています。

試合展開

今、一番心配なのは、前日計量ですね。どうやら両選手とも一発でパスしたようです。

スピードはデービス、パワーはロメロ

序盤はお互い様子見で、退屈なラウンドでした。しかし、徐々にロメロが前に出て何とか突破口を開こうと、攻め立てますが、デービスは相変わらず下がりながら、カウンターを狙っています。ロメロは少しずつプレスを強めていきますが、なかなかクリーンヒットを放つことが出来ません。

デービスも消極的

デービスは下がりながら、チャンスをうかがっているのでしょうが、手数が少なく、ロメロのプレッシャーに押されています。このままだと、お互いパワーパンチを当てることが出来ず、微妙な判定に終わりそうな予感がしました。

少しずつデービスの左の距離が合ってきた

中盤にさしかかるころから、デービスの手数もようやく増えてきました。ロメロは相変わらず強引に前に出てパンチを放ち、デービスも打ち終わりを狙いますが、お互い結構ディフェンスがしっかりしていて、ボディワークでパンチを殺します。クリーンヒットがないままラウンドを重ねました。

これはつまらん試合やな、と思った瞬間

ホントに、5ラウンドまでは、絶対判定!2‐1かなと思っていましたが、6ラウンド、ロメロが強引に攻めこんだところへ、デービスの左フックがカンターでヒットし、ロメロは前のめりにダウン!

えっと思いました。やや集中力を欠いて見ていたので、何があったの?と。

かなり効いているようで、ロメロは何とか立ってきましたが、やや足元が怪しく、レフリーがチェックします。そして、試合をストップしました。何だか少し早いような気がしましたが、唐突の6RTKO勝ちで、デービスが防衛に成功しました。

「わしボク」はもうちょっとやらして、ロメロがボコボコにされるところを見たかったのですが、これは不謹慎ですね。

6ラウンド、TKO勝利でデービスは全勝をキープし、ロメロはTKO負けで初黒星を喫しました。

 

 

 

6 Comments

カメラワークも悪かったので一瞬何がおこったのか分からなかったです。でも鳥肌がたちました。凄すぎです

ロメロがロープに追い詰めて、必勝パターン左右の全力フックをこの試合で初めて見せたところにカウンターだったので、デービスはカウンター当てて右にすり抜ける練習をしてたはず。
井上のパヤノ戦もそうだったけど、デービスもKOパンチを当てた後のディフェンスも完璧だった。その場にいないんだよね。あれ、やられた方は視界から消えるって感じなのかな? 

返信する
わしボク

「わしボク」も、一瞬何が起こったのか分かりませんでした。やはりタンクはスピードがありますね。それにしても、ロメロのダメージはそんなに深刻だっのでしょうか。

返信する

ロメロ陣営からのストップへの抗議は無かったらしいです。
試合後の記者会見でも抗議は無かったし、ロメロも全ラウンド俺が獲ってたはずだと言ってましたが負けを認めてました。即再戦を望んで、次は離れて追いかけ回さないとも言ってました。それじゃ、つまらないから止めてほしいけどw

返信する
わしボク

そうですか。まあ、スキルの差は明らかでしたし、ロネロも、もう少しキャリを積めば、世界戦線に返り咲くと思います。

返信する

あのダウンシーン、リッキーハットンがメイウェザーに倒された時のカウンターを思い出しました。

返信する
わしボク

ハットンがメイウェザーをコーナーに追い詰めたところに、メイウェザーのカウンターが決まったシーンですか。前のめりに倒れましたね。抜群のタイミングでした~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)