ジャーボンテイ・デービスがサンタ・クルスに6RKO勝ち!(WBAライト級・Sフェザー級タイトルマッチ)

2階級のタイトルを賭けた世界戦(10月31日)

 

(出典:WOWOW)

(出典:WOWOW)

(出典:WOWOW)

実に不思議なタイトルマッチですね。デービスはライト級王者で、サンタクルスはS・フェザー級王者。お互いのタイトルを賭けて対戦します。問題はウェイトですが、これはS・フェザー級のリミットで行われます。そして、デービスは何とか前日計量をクリアしたようです。

こうなると、弱い者いじめしかしていないサンタクルスに勝ち目はないですね。「わしボク」の記憶では、危険な相手との対戦はほとんど皆無です。よくデービスみたいな危険な相手と、対戦しようと思いましたね。そろそろ引退を考えているのかもしれません。

両選手のプロフィール

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)WBA世界ライト級王者

23戦全勝22KO、25歳のサウスポー。166cm(リーチ171cm)

KO率96%のハードパンチャー。ニックネームは「タンク」。前日計量をオーバーする癖が難点です。

レオ・サンタ・クルス(メキシコ)WBAスーパー世界S・ライト級王者

39戦37勝19KO1敗1分け、32歳。171cm(リーチ175cm)

4階級制覇した中では、世界で最も弱いチャンピオンですね。ぼこぼこに打たれて倒されるの見るのが「わしボク」の楽しみ、という世渡り上手のつまらない選手です。

問題の前日計量

前日計量では、デービスがすっぽんぽんになって、58.85キロ、サンタクルスが58.74キロと両選手ともリミットの58.97キロをクリアしました。「わしボク」がこの試合で一番気になっていたのはこの前日計量でしたが、デービスがS・フェザー級のリミットをクリアしたので、ほっとしました。後はサンタクルスにテンカウントを聞かせるだけです。

アンダーカードにすごい選手が登場

その前に、アンダーカードですごい選手が登場しましたので、それをまずは簡単にご紹介させてください。

IBFライト級6位のイサック・クルス(メキシコ)

21戦19勝14KO1敗1分け、22歳。164cm。

ミニタイソンというあだ名の通り、ゴングと同時に左右のパンチを思い切り振り回して、わずか20秒足らずでディエゴ・マグダレノ(IBF9位)からダウンを奪い、立ってきたマグダレノに猛然と襲い掛かり、最後は右アッパーでマグダレノを失神させました。ちょうど1分ぐらいでしたね。

すごいインパクトがありました。一応IBFタイトルの挑戦者決定戦でしたので、テオフィモ・ロペスとの対戦が楽しみですね。

サンタ・クルスがついに倒される

1R)

じわじわとデービスが前に出ます。そして得意の左アッパー。サンタクルスは長い左ジャブを突いて、距離をとります。かなりスタンスを広めにとって、上体を低く構えていますね。もう、デービスの左のタイミングが合っている感じがします。デービスが重いパンチを放つと、サンタクルスも負けじと手数で応戦します。サンタクルスの右はデービスが完全にガードしています。しかし、終盤はサンタクルスも手数で負けていませんでしたね。

2R)

今度はサンタクルスが前に出ます。相変わらず手数は多いですね。デービスが下がっています。このラウンド、デービスは様子を見ています。サンタクルスは手数でデービスをロープに詰めます。デービスはサンタクルスの打ち終わりを狙っています。

3R)

サンタクルスが前に出ます。これはサンタクルスの距離ですね。デービスは中へ入るタイミングを計っています。デービスの左アッパーが軽くヒット。デービスはボディワークで、サンタクルスのパンチをほとんど外しています。サンタクルスは左ジャブを小刻みに放ち、うまく距離をキープしています。終盤はデービスが前に出てプレッシャーをかけます。しかし、サンタクルスは左ジャブで、自分の距離をキープしています。

4R)

サンタクルは相変わらず手数が多いですね。しかし、デービスが少しずつ距離を詰めます。デービスが左アッパーから右フックを放つと、サンタクルスも左右のストレートで応戦します。デービスが強引に前に出て、パンチを放ちます。デービスのボディブローも効果的にヒットしています。サンタクルスの方がかなり消耗している感じがします。

5R)

この回はサンタクルスが、ワンツーを放って前に出ます。デービスは下がりながら、左のカウンターを狙っているのか。しかし、サンタクルスのガードが堅く、なかなかデービスも容易にパンチを放てません。サンタクルスの連打も、デービスのボディーワークでかわされ、ほとんどヒットしません。終盤、デービスは右ジャブを突いて、距離を計ります。ここまではほぼ互角の展開です。サンタクルスは予想以上に健闘していますね。

6R)

サンタクルスが前に出て、右ボディを放ちます。デービスはガードを高く構えてじわじわと前に出ます。そして、やや強引に左右のパンチを放ちます。かなり強烈な左右のボディブローを叩き込みます。サンタクルスも応戦しますが、ややパンチに力がない。デービスが被弾覚悟で強引に前に出てパンチを放ちます。デービスの左右フックがヒットしますが、サンタクルスも必死で応戦します。

そして、残り20秒。デービスの会心の左アッパーがサンタクルスの顎をとらえ、ダウン。レフリーはすぐに試合を止めました。文句なしの一発ですね。サンタクルスは完全に失神しています。

大健闘したサンタクルスでしたが、最後はパンチ力の差が出ましたね。デービスはこれから、どの階級で戦うのでしょうか。サンタクルスはこれで引退かな~

 

 

 

 

6 Comments

この試合の最後は凄かったですね!
私の将来のPFP1位候補のデービスが凄まじいアッパー。
真面目に生きていれば今頃は1位だったと思うんですが、人間性が結構な屑なのが残念なこと所ですw

それにしてもあのアッパー。攻防一体で避けてボディーにも打てるし顔面にも打てる。スローで見るとサンタクルスはボディーを防御して、でも顔面に飛んできたと理解してたのに踏ん張れなくて失神。とんでもない威力です。

井上も攻防一体の下がりながらの左フックがありますが、威力が圧倒的に違います。そしてタンクは避けてから2択なので、クリーンヒットする確率も高いと思います。
井上は縦の動き、タンクは横の動き、この二人の戦いを見てみたいですね。

返信する
わしボク

jさんの言う通り、タンクはもっとまじめに生きていれば、もっと人気が出ると思います。
それにしても、あのアッパーカットはすさまじかったですね。
まあ、PFPは、クロフォードかタンクか尚弥がトップ争いかな~

返信する
匿名

ワシボクさんおめでとうございます。
私もサンタクルスのボクシングは大嫌いでしたのでスッとしました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)