オシャキー・フォスターが最後にダウンを奪って逆転で2度目の防衛に成功 VSエイブラハム・ノバ(WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ)

目次

(出典:WOWOW)

WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ(2024年2月16日)

オシャキー・フォスター(アメリカ)VSエイブラハム・ノバ(アメリカ)

オシャキー・フォスター(アメリカ)WBC世界S・フェザー級王者

23戦21勝12KO2敗、30歳 スイッチヒッター

身長173センチ  リーチ 182センチ

現在11連勝中です。2020年11月にミゲール・ローマンにKO勝ちしてWBCシルバーS・フェザー級王座を2度防衛し、3度目の防衛にも成功しました。そして、2023年2月にWBCフェザー級王者のレイ・バルガスとWBC世界S・フェザー級王座決定戦を行い、大差の判定でタイトルを獲得し、無敗のバルガスに初黒星をプレゼントしました。2023年10月にランク1位のエドゥアルド・エルナンデスに12RTKO勝ちで初防衛に成功しました。

エイブラハム・ノバ(アメリカ)WBC世界S・フェザー級12位

23戦22勝16KO1敗、30歳  オーソドックス

身長 175cm  リーチ 183cm

長身でKO率70%のハードパンチャーです。2022年1月にウイリアム・エンカーナシオンに8RKO勝ちし、この勝利で世界ランクを上昇させたのでしょう。しかし、2022年6月にロペイシー・ラミレスに5ラウンドKO負けを喫しました。2023年1月に判定で再起戦を無事勝利で飾り、2023年7月、ジョナサン・ロメロに3RKO勝ちして、世界挑戦のチャンスをつかみました。

試合展開

序盤はお互い決定打がなく、4ラウンドにノバのパンチがヒットしましたが、ペースを握るまでには至りません。

その後も一進一退でやや退屈なラウンドが続きます。中盤からややフォスターは守勢に回って、ノバが先手で攻めるようになり、手数が多くなりました。この状況だと、フォスターの見映えがよくないですね。

終盤になって、フォスターも的確なパンチを返すようになります。ノバの攻撃が単調になってきた感じです。

そして、最終ラウンド残り20秒、フォスターの左フックでノバがダウンしました。ややスリップ気味でダメージはそれほどなさそうですが、ノバにとっては痛恨のダウンでしたね。

判定は2-1(115-112、113-114、116-111)で何とかフォスターが2度目の防衛に成功しました。薄氷の勝利でしたね。

「わしボク」の独り言

この日のアンダーカードに登場したフェザー級の新星、ブルース・カーリントンは魅力的な選手ですね。まだWBC29位ですが、今、阿部麗也と戦っても勝てるような気がしました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)