「わしボク」一押しの19歳ホープがTKO勝利でデビュー以来14連勝!VSエリアス・エスパダス

目次

(出典:WOWOW)

ザンダー・ザヤス(プエルトリコ)VSエイリアス・エスパダス(メキシコ)

NABS北米S・ウェルター級王座決定戦(2022年8月14日)

両選手のプロフィール

ザンダー・ザヤス(プエルトリコ)スーパースター候補

13戦全勝9KO、19歳  オーソドックス

身長177cm  リーチ 188cm

エリアス・エスパダス(メキシコ)元WBC中米カリブミドル級王者

27戦22勝15KO4敗1NC、31歳

身長 177cm  リーチ 188cm

試合経過

1R

開始1分、左フックでザヤスがダウンを奪いました。実にタイミングのよいカウンターでした。エスパダスはすぐに立ってきましたが、少しダメージがあるように見えます。ザヤスが攻め立てますが、ここはエスパダスも粘ります。前にも言ったと思いますが、ザヤスは、フェリックス・トリニダードに似てますね。

2R

ザヤスが積極的に攻め立てますが、エスパダスも応戦します。非常にスリリングなパンチの交錯が続きます。

3R

ザヤスのボディブローが効いたようです。ザヤスは好戦的で「わしボク」の好みですね。エスパダスはカウンターを狙っていますが、お構いなしにザヤスが攻め立てます。

4R

ザヤスが上下に打ち分けて、一方的に攻撃しています。エスパダスの反撃も空転します。ザヤスに余裕が見られます。ザヤスのボディブローも効果的ですね。

5R

もうペースは完全にザヤスが握っています。そして開始30秒、左ジャブから左フック、返しの右フックで2度目のダウンを奪いました。そして、レフリーが試合をストップしました。

ザヤスの完勝です。5ラウンドTKO勝ちで連勝を14に伸ばしました。それにしても強い勝ち方です。「わしボク」の大好きなボクサーベスト5に入るかも。とても魅力的なボクシングをしますね。イサック・クルスとザヤスはこれから目が離せないですよ。

NABFはWBC傘下の地域タイトルですので、恐らくザヤスはWBCのランキングに登場すると思います。いよいよ世界のトップ選手と対決です。めちゃくちゃ楽しみですね。「わしボク」はティム・チュー(オーストラリア注目のホープ、コンスタンチン・チューの息子です。)よりも強いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)