読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ホルヘ・リナレスの挑戦者は長身のサウスポーでまたもやイギリス人のルーク・キャンベル VSダルレイス・ぺレス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ルーク・キャンベル(イギリス)VSダルレイス・ぺレス(コロンビア)

WBA世界ライト級タイトル挑戦者決定戦(2107年4月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20170503152704j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170503152710j:plain

(出典:WOWOW)

ルーク・キャンベルはWBCでは2位ですが、WBAでは8位です。

17戦16勝13KO1敗、28歳。長身のサウスポーです。

ロンドンオリンピックでは金メダルを獲得し、清水聡にも勝っているそうです。

 

ダルレイス・ぺレスはWBA世界Sライト級6位で、元世界ライト級チャンピオンです。

なぜこの二人でWBAの挑戦者決定戦が行われるのか、よくわかりません。しかも、結論から言いますと、ホルヘ・リナレスの挑戦者はまたイギリス人です。

リナレスのタイトルは、どうしてもイギリスが取り戻したいようです。

それより、マイキー・ガルシア(アメリカ)との統一戦はどうなったのでしょうね。

f:id:stonemeintothegroove:20170503153618j:plain

(リングサイドで観戦するホルヘ・リナレス。なかなかのイケメンですね)

 

 

またも計量オーバー

ぺレスは前日計量で600gオーバーし、失格しています。

最近は死に物狂いで体重を落とすよりも、試合当日のコンディションを大事にするようです。最低の傾向です。

解説の飯田覚士さんは「ぺレスを結構買っている」と言ってましたが、もう33歳ですし、こんな奴、引退させた方がいいでしょう。

 

余談ですが、村中優には少なくとも計量だけはパスしてほしいですね。

相手のカリッド・ヤファイ(イギリス)は、10対9.5ぐらいの差で10対9のポイントを奪う、いわばポイント泥棒みたいなやつです。

村中は、ほとんど負けた気がしないのに10ポイントぐらいは差がついていた、なんてことになりそうな気がします。

 

ということで、この試合は、キャンベルが勝った場合のみ、挑戦権を獲得するということになります。こんなケース、最近、うんざりするほど増えてきました。

 

序盤はぺレスが積極的

 

1回からぺレスはプレッシャーをかけ、速い左ジャブから右を放ち、優位に進めていました。

キャンベルは、接近戦を嫌がり、自分の距離を守ることに専念しています。

右ジャブにさほどのスピードは感じられません。ディフェンスもそれほどいいとは思えませんね。避け勘が悪いような気がします。

ぺレスのパンチを結構もらっていました。

 

中盤からキャンベルが反撃

4ラウンドに放ったキャンベルの左ストレートがカウンターで見事にヒットし、

このあたりから、キャンベルが長い右ジャブで自分の距離を保ち、徐々にワンツーが決まるようになってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170504092452j:plain

(キャンベルの右ジャブが決まり出した)

同時にボディ攻撃も功を奏したようです。ぺレスはキャンベルの長いリーチに対抗するように、パンチが大振りになり、ヒット率も落ちてきました。

少しずつキャンベルのペースになり、ぺレスは押され気味になってきます。

しかし、キャンベルは自分の距離を守り、連打で追い打ちをかけることはしません。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170504092509j:plain

(右ボディブローもかなり効果的でした)

「こりゃ判定まで行きそう」と思った8ラウンドに、キャンベルの左ストレートがぺレスの顎を打ち抜き、ぺレスは大きくバランスを崩しました。

見た目ほどダメージはなさそうでしたが、このパンチでぺレスの気持ちが少し切れてきたのかもしれません。

f:id:stonemeintothegroove:20170504092522j:plain

(キャンベルの長い左ストレートが飛んできます)

 

あっけない結末

9ラウンドに入ってすぐ、ぺレスが腕のトラブルをレフリーにアピールします。

レフリーもとりあえず、試合を中断し、様子を見た後、試合は再開されました。

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20170504093856j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170504093903j:plain

(左腕が痛いんですけど…。こいつ試合中に何を言うとんじゃ!)

キャンベルは容赦なく、ぺレスに襲い掛かります。

しばらく応戦していたぺレスですが、また「ボク、腕がやっぱり痛い!」

さすがに今度はレフリーも試合をすぐにストップしました。

キャンベルの9RTKO勝ちです。

f:id:stonemeintothegroove:20170504094149j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170504094201j:plain

アカン、やっぱり腕が痛いわ。)     (ストップや!もう国へ帰れ!)

 

とりあえずキャンベルがリナレスへの挑戦権を獲得しましたが、こんな奴とイギリスで試合しても、なんだかかみ合わないような気がします。長身のサウスポーはやりにくそうです。

それより、マイキー・ガルシアと先に統一戦をやりましょう!

負ける可能性は高いと思いますが、スリリングな試合が期待できます。

どうしてもキャンベルがやりたいなら、「日本へ来い!」と言ってやりましょう。