井上尚弥圧巻の勝利、2RTKOで3団体統一王座獲得! VSノニト・ドネア(6月7日 WBA・IBF・WBC3団体統一戦)

目次

(最後はやっぱりこのボディブローでしょ)

もう一度、両選手のプロフィールを確認しておきましょう

井上尚弥(大橋)IBF&WBAスーパー世界バンタム級王者

22戦全勝19KO 28歳 右オーソドックススタイル

身長 165cm リーチ 170cm

「わしボク」は日本人ボクサーとしては、過去最強だと思います。50年以上ボクシングを観てきましたが、こんな強い日本人ボクサーは記憶にありません。「わしボク」が生きている間に、井上に匹敵するボクサーが現れることはないと断言できます。

2018年にジェイミー・マグドネルに圧勝してタイトルを獲得してから、ドネア戦以外はすべてKO勝ち。2021年12月に、6度目の防衛戦で、しぶといアラン・ディパエンに8RTKO勝ちして、約半年、いいペースですね。だだ最近の試合で、顔面への当て勘が悪いのが気になります。それと、試合運びがちょっと雑になってきたような気がします。

ノニト・ドネア(フィリピン)WBC世界バンタム級王者

48戦42勝28KO6敗、39歳 右オーソドックス

身長 170cm リーチ 174cm

2019年11月、WBSSの決勝で井上尚弥に判定負けしました。今回が約3年半ぶりの再戦となります。

その後、井上拓真に勝ったノルディーヌ・ウバーリを倒して、WBCのタイトルを獲得し、2021年12月、レイマート・ガバリョに4RKO勝ちして、初防衛に成功しています。

フライ級からスタートして、一時はフェザー級まで階級を上げていますが、バンタム級で負けたのは、井上尚弥だけです。「わしボク」が一番強いと思った試合は、ウラジミール・シドレンコを力づくでなぎ倒したときですね。おそらくバンタム級だったと思います。

この試合を観るには

今度は、地上波はおろかWOWOWでも見ることが出来ません。Amazon prime videoが独占配信します。村田諒太VSゴロフキンと同じですね。

どっちが勝つの?

前回の対戦では、井上が初回から目蓋の上ををカットして苦戦しましたが、今度は両目が見えてるのですから、順当ならあっさり倒してくれるでしょうね。ただ、ドネアもバンタム級の身体にすっかり慣れて、以前に対戦したドネアではないから厄介です。最近の2試合のドネアの倒しっぷりを見ると、左フックは、前回よりかなり危険ですよ。序盤が勝負ですね。ここで、大きなミスをしなければ、中盤からはペースを握れると思います。

試合経過

両選手とも一発で前日計量をパスしています。お互いに気合が入っていますね。

いや~強かったですね。初回にドネアから右フックでダウンを奪い、2ラウンドに連打でドネアを倒し、TKO勝ちで3団体統一王座を獲得しました。最後のパンチはドネアのお株を奪う左フックでしたね。

とにかく圧巻の強さでした

お互い12ラウンドを戦っているのですから、手の内は分かっています。しかし開始早々ドネアの左フックが井上をとらえます。大事に至りませんでしたが、井上は「あれで目が覚めた」と言っています。その後は、お互い距離を取って、ドネアはフェイントをかけながらパンチを放ってきます。井上は下がりながら距離を取ります。まだお互いのパンチは届きません。しかし、中盤辺りから、距離が近くなり、ドネアが積極的にパンチを放ってきます。お互いのパンチがスリリングに交錯し、ヒヤヒヤものです。そして、1ラウンド終盤、井上の打ち下ろすような右フックがドネアの顎を打ち抜き、あっさりダウンを奪います。尾川が右ストレートをもらったシーンがダブりました。

立てないかな?と思いましたが、さすがドネアですね。何とか立ってきてゴングに救われました。

しかし、1分の休憩ではダメージは回復しません。序盤はドネアも必死で応戦していましたが、1分過ぎ、ロープに詰まった井上の左でドネアが腰砕けになり後退します。すかさず井上が連打を畳みかけ、最後はドネアのお株を奪う左フックで2度目のダウンを奪いました。レフリーはすぐに試合をストップ。

右で倒して、最後は左フックで決めました。ここまで、圧倒するとは予想できませんでしたね。

 

8 Comments

怒りの王子

来日したドネアも自信満々で、キーとなるパンチは左右どちらでも打ち込めると主張したみたいですね

スパーリングも140ぐらいこなした、日本に着いてからも12ラウンドはスパーリングしたいと言って前代未聞と報じられてますが。

返信する
わしボク

以前に対戦したドネアとは確実に違いますね。
唯一の強みは、井上が両目で戦えることです。これは大きいと思います。

返信する

井上の眼窩底骨折の骨が治っても斜視は治ってないのでビジョンが元通りに治ってるかは分かりません。井上のピストンジャブには右ストレートが当たることも分かっている。前回と同じ試合運びなら井上は接近戦を嫌ってボディーもあまり打ってこないだろうし、井上のクリーンヒットも顔面なら耐えられることも分かってる。ドネアは左ジャブを使わずにカウンター狙いで井上のうち終わりに被せれば、右目からの出血もあり得るので、兎に角カウンター狙い。井上の足を止めるために、じりじり近づいてボディーとカウンターを狙うと予想。
対して井上が新たなドネアを相手にどう出るのかは私には予想出来ませんが、多分前回と同じ戦い方しか井上は出来ないと思います。
なのでドネア勝利を予想します
私の予想を覆す井上の頑張りに期待します!

返信する
ともすけ

ドネアも調子が良さそうだったので、もしかしたらドネアが勝つのかも?、とも考えていましたが、やはり井上チャンピオンは強いですね!!
開催国が日本で有利だったのも大きな理由だとは思いますが。
年齢が年齢ですし、こんな試合になってしまって、ドネアはもう引退するのでしょうか?

返信する
わしボク

引退するかもしれませんね。ドネアにはもう魅力的な対戦相手がいませんし。

返信する

いや~強かったですね!
これを初戦でやりたかったんでしょうね。
年を取ったとは言え、上り調子のドネアを2RTKOはインパクトでかいですね。
階級も上げるようなので、また楽しみです。

返信する
わしボク

モンスターでした。やっぱり両目が見える井上は、破壊力が違います。
S・バンタム級でも十分活躍できると思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)