「オミクロン株」で、世界戦2試合がピンチ!村田VSゴロフキン&井岡VSアンカハス

(出典:wOWOW)

井上Vディバエン&谷口VSメンデスはセーフ!

岸田総理が予想以上の対応の速さで、外国人の入国禁止を決定したので驚きました。それでも、まさか本日11月30日からになるとは思いもしませんでしたね。当然、スポーツ界にも大きな影響があります。もちろん、ボクシングの世界戦も例外ではありません。まあ、こんな呑気なことを言っていたら怒られるかもしれませんが。

12月14日開催がギリギリセーフの日程でしたね。来日後2週間の隔離期間がありますから、11月中に来日しないと、試合が出来ません。

井上の相手のアラン・ディバエン(フィリピン)そして、谷口の相手のウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)の両選手は、すでに入国していました。おそらく試合は予定通り行われるでしょうね。

ただ、「わしボク」の個人的な問題なんですが、この試合を見る予定がないことです。まことに勝手な話で申し訳ございません。

村田諒太と井岡一翔は絶望的

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(2021年12月29日)

村田諒太(帝拳)VSゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

ゴロフキンが来日することはできないでしょう。こうなったら、村田がアメリカへ行くしかないですね。まあ、行けるかどうかわかりませんが、延期とか場所の変更で、何とか実現してほしいものです。こんな試合はもう2度と見ることが出来ないかもしれません。

「わしボク」は「Amazonプライムビデオ」でスタンバイしていただけに、残念でたまりません。

WBO・IBF世界S・フライ級王座統一戦(2021年12月31日)

井岡一翔(志成)VSジェルウィン・アンカハス(フィリピン)

井岡の年末恒例の世界戦です。これは地上波放送予定となっているので、中止となると影響が大きいでしょうね。

アンカハスはIBFタイトルを9度防衛している安定王者です。おそらく井岡にとって、過去最強の相手となるでしょう。まあ、前回のフランシスコ・ロドリゲス戦が不甲斐ないボクシングで、辛くも防衛に成功したものの、「わしボク」はホームタウンデシジョンだと思っています。

この試合は汚名返上の願ってもないチャンスだったのに、ホントに残念です。

まだ、1か月ありますから、延期、若しくは井岡がフィリピンなり、アメリカへ行くという手も残されています。

 

4 Comments

村田戦延期になっちゃいましたねえ。
あくまで延期(来春?)ということなので、望みはありそうなんですが、何とか実現してほしいもんですね。
しかしオミクロン…早く正体が判明してほしいもんです。弱い性質だと良いのですが。

返信する
わしボク

松さん、コメントありがとうございます。村田は延期、井岡は中止になってしまいましたね。
しかし、オミクロン株はなかなか厄介なやつ見たいですよ。

返信する
怒りの王子

ゴロフキンもコメントしてましたが皆様の安全と健康が第一だと汗

なるべく早く試合が実現して諒太と戦えたらと言ってましたがコロナにはうんざりですよねぇ。

返信する
わしボク

国によって対応が違うので戸惑いますね。
ボクシングの試合で一喜一憂している我々は、まだ幸せだと思います。この先、スポーツどころではないことが起こらないことを祈ります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)