ウクライナの首都、キエフの市長は、あのクリチコ兄弟の兄、ビタリ・クリチコです!

目次

(出典:WOWOW)

ウクライナはウリチコ兄弟が守る

ウクライナがロシアの侵攻で大変なことになっています。ボクシングファンも無関心ではいられませんね。ウクライナといえば、まず思い出すのが、クリチコ兄弟です。ヘビー級のボクシングの一時代を築いた巨漢ボクサーです。ヘビー級ボクサーの大型化の先駆けと言えるでしょう。圧倒的に強かったですね。

そして、兄のビタリ・クリチコは2014年からウクライナの首都、キエフの市長を勤めています。今、ビタリは市民を守るために奮闘しています。弟のウラジミールも一緒に戦っています。

現役ヘビー級チャンピオンも

アンソニー・ジョシュアに大差の判定でタイトルを獲得した、オレクサンダー・ウシクもウクライナ人です。どうやらウシクはウクライナ国内にいるようですね。タイソン・フューリーと対戦する前に、戦死なんてことがないように、祈るしかないですね。早く話し合いで解決してほしいと思います。戦争して解決することは一つもないし、幸せになる人もいませんよ。

天才、ワシル・ロマチェンコもウクライナ人

地理に疎い「わしボク」がウクライナという国を初めて認識したのは、ワシル・ロマチェンコの活躍がきっかけかもしれません。それぐらい偉大なボクサーです。

それにしても、各団体の世界ランキング表を眺めると、ウクライナ出身のボクサーの多いこと。びっくりです。折角ですから、順番に名前だけを紹介しておきましょう。

WBC世界ミドル級5位 セルゲイ・デレビヤンチェンコ

WBC世界S・ライト級7位 ビクトル・ポストル

WBC世界S・ウエルター級8位 セルゲイ・ボハチュク

WBC世界ブリッジャー級15位 オレクサンダー・テスレンコ

WBA世界ウェルター級10位 タラス・シュレスチュク

WBA世界フェザー級15位 アーノルド・ケガイ

IBF世界ウェルター級7位 イワン・ゴルブ

IBF世界ライト級9位 デニス・べリンチク

WBO世界S・ライト級12位 アラム・ファニヤン

WBO世界S・ウェルター級14位 ドミトリー・ミトロファノフ

WBO世界ヘビー級15位 ウラジスラフ・シレンコ

知らないうちに、こんなに多くのウクライナ出身ボクサーがいたんですね。驚きです。

とにかく、一刻も早く平和的解決を願います。ウクライナの人たちが苦しんでる姿は、もう見てられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)