「わしボク」の勝手に世界ランキング(バンタム級、S・バンタム級、フェザー級)

(出典・WOWOW)

今回は、バンタム級、S・バンタム級、フェザー級の3階級を「わしボク」勝手にランキングしてみます。10位まではとても大変なので、基本的には5位まで、気が向いた階級は7位まで頑張ってみます。

バンタム級

1位 井上尚弥(大橋)

2位 ノニト・ドネア(フィリピン)

3位 ジェイソン・マロニー(オーストラリア)

4位 ゲイリー・アントニオ・ラッセル(アメリカ)

5位 井上拓真(大橋)

6位 ポール・バトラー(イギリス)

7位 リボリト・ソリス(ベネズエラ

8位 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

9位 栗原慶太(一力)

10位 ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)

一気に10位までランキングを作りました。なかなかいい出来だと思ってますが、ポール・バトラーが6位というのは低いと言う方がいらっしゃるでしょうね。でもゾラニ・テテに負けてますし、エマヌエル・ロドリゲスにも負けています。「わしボク」の大好きな栗原をランキング入れるために10位まで作った次第です。

S・バンタム級

1位 ムロジョン・アフダマリエフ(ウズベキスタン

2位 スティーブン・フルトン(アメリカ)

3位 ブランドン・フィゲロア(アメリカ)

4位 ゾラニ・テテ(南アフリカ)

5位 ルイス・ネリ(メキシコ)

6位 マーロン・タパレス(フィリピン)

7位 亀田和毅(3150)

この階級は、上位2人が抜けてますね。不気味なのは、階級を上げてきたゾラニ・テテです。ネリの巻き返しもあるでしょう。亀田は先日のKO勝利を評価しました。

フェザー級

1位 エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)

2位 レイ・バルガス(メキシコ)

3位 リー・ウッド(イギリス)

4位 ジョエト・ゴンザレス(アメリカ)

5位 レオ・サンタ・クルス(メキシコ)

6位 ゲーリー・ラッセル・JR(アメリカ)

7位 ジョシュ・ウォーリントン(イギリス)

8位 マーク・マグサヨ(フィリピン)

9位 アイザック・ドグボエ(ガーナ)

10位 清水聡(大橋)

この階級はあまり魅力的な選手がいませんね。ナバレッテはボクシングが雑ですし、バルガスもフェザー級では、パンチ力が通用しなくなっているような気がします。清水聡の強打に期待したいですね。

 

 

4 Comments

金星宏幸(きんせいひろゆき)より

フェザー級以上になると日本人は圧倒的にいなくなりますね。いい加減に減量ばかりで弱い相手に勝とうとするよりも海外見たく160~165センチでもフェザー級~スーパライト級を取れる様に筋トレをして闘わないと本物は出て来ないと言う事ですよ。だからファンも減るんだと言う事です。

返信する
とくめ

ワシボクさんは絶対アフマダリエフを一位にしてると思ったらやっぱりw
一般的にはフルトン>アフマダリエフの意見が多く
体もフルトンのほうが厚みがあるので勝ちそうな気はしますが
パンチ力のあるアフマダリエフの方が好みだろうと思ったので
そっち推すかなと思ったら当たりました

バンタムのポールバトラーは6位でも高すぎると思います
個人的には正直なところ10位以内に入っていません

返信する
わしボク

井之上尚弥が対戦するとしたら、フルトンよりアフダマリエフの方が、噛み合うと思いますが、
フルトンなら苦戦しそうな気がします。バトラーは一応チャンピオンですからね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)