山口県阿武町長は、なぜ自ら4630万円を補填しないの?「回収できませんでした」済ませるのか

目次

「わしボク」は犯人から回収できるかどうかなんかどうでもいい

どうやって、4630万円を補填するかが重要

まあ、一般的には阿武町長が、家を売るなり、担保にして銀行から金を借りるなりして、とにかく役場の損失を補填することです。なぜ、補填方法を発表しないのですか。

このまま、うやむやにして世間が忘れるのを待っているような気がします。阿武町民はそれでいいのでしょうか。もう、今日の朝日新聞には、この事件の記事は載っていません。ワイドショーも、もう飽きたようです。

一番悪いのは間違って振り込んだ職員です

マスコミは、犯人のことばかり報道していますが、そもそも、職員が間違って振り込みしなければ、こんな事件は、起こっていないのですよ。ミスした職員が、犯人を作ったんです。

「わしボク」は犯人のことなんか興味ありません。ぼんくら職員がだれか、一番気になります。そして、どうやって4630万円を補填するのか、だれが補填するのか、それが一番気になります。

犯罪を作った張本人は、ミスした職員です

町長が、4630万円の補填方法を発表するまで、この事件を追いかけていくつもりです。町民が血と汗を流して納めた税金です。「回収できませんでした」では、絶対に許されません。いつまでも親方日の丸的な、公務員的考えはもう通用しませんよ。

町長が、一旦、補填したらどうですか?「回収できるかどうかは」どうぞ、勝手に犯人側と交渉してください。そんなことはどうでもいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)