井岡一翔の年末恒例行事!VSジョシュア・フランコ(WBO・WBA世界S・フライ級王座統一戦)井岡大苦戦の末、引き分け!

目次

(出典:TBS)

井岡一翔(志成)VSジョシュア・フランコ(アメリカ)

WBO・WBA世界S・フライ級タイトルマッチ(2022年12月31日)

両選手のプロフィール

井岡一翔(志成)WBO世界S・フライ級王者

31戦29勝15KO2敗、33歳 オーソドックススタイル

身長 165cm  リーチ 166cm

2011年2月にWBO世界ミニマム級王座を獲得。3度防衛後、2012年にWBA世界L・フライ級王座を獲得し、2階級制覇を達成しました。3度防衛して、IBF世界フライ級王者のアムナット・ルエンロンに挑戦し、判定負けで3階級制覇に失敗しました。

しかし、2015年にファン・カルロス・レべコに判定勝ちして、WBA世界フライ級タイトルを獲得し、3階級制覇を達成しました。5度防衛して、タイトルを返上し、S・フライ級へ階級を上げました。

そして、2018年12月、ドニー・ニエテスとWBO世界S・フライ級王座決定戦を行い、判定負けでタイトル獲得に失敗しましたが、ニエテスがタイトルを返上。2019年6月、アストン・パリクテと王座決定戦を行い、TKO勝ちでWBO世界S・フライ級タイトルを獲得、同時に4階級制覇を達成しました。2022年7月にドニー・ニエテスにリベンジして、5度目の防衛に成功しました。

ジョシュア・フランコ(アメリカ)WBA世界S・フライ級王者

22戦18勝8KO1敗2分け1NC、26歳 オーソドックススタイル

身長 165cm  リーチ 170cm

2018年3月、ルーカス・フェルナンデスにTKO負けして、初黒星を喫しました。2020年6月にWBA世界S・フライ級王者のアンドリュー・モロニ―に挑戦し判定でタイトルを獲得。2020年11月にモロニ―とダイレクトリマッチを行い、無判定試合となりましたが、モロニ―側の提訴により、2021年8月、3度目の対決となりました。そしてようやく判定で決着がつき、初防衛に成功しました。

展開予想

フランコはデビューからS・フライ級で戦っていますし、バンタム級でも試合経験があります。ミニマムから上げてきた井岡に比べると、やはりフィジカルの強さではフランコの方が上でしょうね。ただ、井岡の苦手なディフェンシブなタイプではなく、前に出て積極的に攻めて来るタイプですので、井岡にとってはやりやすいと思います。ディフェンスもやや甘さが見られます。アンドリュー・モロニ―との3度目の対戦では、モロニ―のカウンターをもらい、ダウンを喫しています。

攻撃パターンもそれほど多彩ではないので、井岡なら早い回で見切れるような気がします。後はフランコの打ち終わりを狙って、ボディにパンチを当てればかなり効果的でしょうね。決してパンチも速くないので、カウンターも合わせやすいと思います。パンチにそれほどパワーも感じられないので、被弾しても大丈夫でしょう。ただ接近戦に持ち込まれるとちょっと厄介ですね。しかし、井岡は自分の距離で戦うのが得意ですから心配ないでしょう。

いつもの安全運転なら、判定で勝てる相手です。でも、後半、倒しに行ってほしいですね。

勝者は、中谷潤人と対戦することが義務付けられていますので、「井岡VS中谷」は濃厚です。これも楽しみですね。

試合展開

国歌斉唱て、いらんやろ。

これ判定やったら、時間足らんかもしれんね。大丈夫かな。

フランコが前に出て井岡は距離をとる

予想通りフランコが前に出ます。井岡は下がりながら距離をキープして、ワンツーを返します。井岡の左ボディが効果的です。しかしフィジカルで勝るフランコのパワーに押されていますね。

中盤もフランコが押していますが、井岡も的確に返す

パワーではフランコですが、井岡も的確なパンチを返しています。フランコは手数が多いですね。井岡のパンチのほうが的確ですが、フランコの手数とパワーの方が見映えがいいです。

おそらく判定決着になるでしょうが、採点は見方によって微妙に違ってくるでしょうね。このままではフランコの判定勝ちが濃厚になってきた感じです。

相変わらずフランコが出ますが

前に出るフランコですが、井岡の手数が増えてきました。しかしフランコの前進は止まりません。お互い足を止めて、打ち合います。やはりフランコのパワーに押されている感じがします。どうやら井岡の左ボディは効いていないようですね。

「わしボク」は、井岡の負けです。

判定1-0(115-113,114-114,114-114)のマジョリティドローで引き分けでした。中谷潤人はチャンスですよ。

 

 

 

 

 

8 Comments

j

私のスコア―は118:110でフランコ 120:108でも文句は言わないつもりで判定聞いたらビックリ。井岡のカウンター確かに綺麗に入ってたけど合わせてるだけなので、フランコの手数とヒット数に比べると、やはりフランコにポイントを入れました。ボディーも良いのがあったけどやはりフランコのヒット数のほうが数倍多かったので、ほとんどのラウンドをフランコに。
井岡のほうが上手いけど、手数が少なすぎ。カウンターも良いの入れてたけど、あのカウンターに体重載せる事が出来れば、井岡も井上のようにダウン取れそうだと思った。

返信する
わしボク

レベルの低い試合でしたね。
これがテレビ放映されると、ますますボクシングファンが減りそうです。

返信する
パンチャーファン

 日本でこんなひどい判定が起きるとは。
井岡がはっきりとったと思えるラウンドがない。
フルマークを付けるジャッジがいたとしても不思議ではないのに。2人もドローはあり得ない。
 先日某番組で昭和のヒーローヒロインベスト20をやっていたがボクサーが一人も入っていなかった。
 井上も団体統一をしても地上波でなければボクシングは終わる。 大みそかにひどい試合を見せられた。
 わしボクさんもめげずに頑張ってください。

返信する
わしボク

井岡はこの後、中谷と対戦しますね。こっちの方がはるかに面白そうです。

返信する
ハゲの何が悪い

そこまで酷い判定ではなかったと思います。
微妙なラウンドが、ホームの井岡サイドに流れたのであればよくあることですし。
公平に見たら負けだな、とは思いますけどね。
ただ井岡に攻撃力がもう少しあれば見栄えも判定も変わったかもな、とは思います。

計量時に絞り切れていない体を見る限り、井岡の適正階級はフライではないかと。
Sフライで減量キツイならもう引退でいいと思う位。

とまぁゴチャゴチャ抜きに正直に言えば、
ガタイのデカい方がフィジカルで押しても明確なダメージ取れず、
小さい方もスピードで翻弄できないし打ち終わりにクリーンヒットが取れない。
どっちも負けだろうと思ってます。

中谷に期待します。

返信する
わしボク

「ハゲの何が悪い」さん、いい名前ですね~
実は「わしボク」もかなりやばい頭になっていますが、かろうじて踏ん張っています。
井岡はどうしてもフィジカル面で、相手に負けています。やはりフライ級までの体格ですね。

返信する
怒りの王子

私は判定ならフランコかなぁ?と思っていたら結果的にドローで驚きました

でも後から振り返ると引き分けっちゃ引き分けに見えなくもないし、ネット上でも物議醸してますね

手数で決めるのか積極勢で決めるのかルールも統一されてませんからね汗

返信する
わしボク

終わった瞬間、負けたかな~と思いました。
こういう試合展開は、ジャッジも難しいでしょうね。やっぱりボクシングはKOですよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)