ボクシング史上まれにみる凡戦 リー・セルビーVSエリック・ハンター

リー・セルビー(イギリス)VSエリック・ハンター(アメリカ)

IBF世界フェザー級タイトルマッチ(2016年4月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20160520120830j:plain

(出典:WOWOW)

これだけ解説者にぼろくそに言われる試合もないでしょうね。

ジョー・小泉さんは「ハンターは名前負けです。アメリカから何しに来たのでしょう。こんな程度でスピードがあるとはとても言えません。」

浜田剛史さんは「セルビーは一発パンチはないですね。とにかく頑張って勝ってきただけです。」

 

セルビーは23戦22勝8KO1敗、29歳。

エリック・ハンターは24戦21勝11KO3敗、29歳。IBFフェザー級3位。

 

長身のセルビーは一見アウトボクシングが得意そうに見えますが、意外とファーターです。豊富な手数で前に出てプレッシャーをかけます。そして、背の低い方のハンターが下がる、という展開です。

 

ハンターが良かったのは2回にダウンを奪った左フックカウンターだけです。

f:id:stonemeintothegroove:20160520121837j:plain

(ハンターが良かったのはこのパンチだけ)

ハンターは3回からカウンターを狙いすぎて、手数が激減します。

セルビーは多彩なパンチで前に出ます。とにかく手数が多い。

しかしパンチは手打ちで、ナックルが返っていないパンチも多く、握りも浅いので相手にダメージを与えることはありません。

とにかく手数でポイントを稼ぐだけです。攻撃に見るべきスキルもなく、ガードも甘いのですが、それをとにかく手数でカバーしています。

 

ハンターは、せっかく奪ったダウンもその後の消極的なボクシングで帳消し。後半からはガードも甘くなり、再三セルビーの右ストレートを被弾するようになります。

f:id:stonemeintothegroove:20160520122623j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160520122632j:plain

(クリーンヒットしていますが、手打ちなのでハンターにダメージはありません)

8回にはローブローでハンターが減点を取られました。

f:id:stonemeintothegroove:20160520122833j:plain

(ベルトラインですがちょっと低いか)

f:id:stonemeintothegroove:20160520123825j:plain

(このボディブローを最初から打てばいいのに)

このあたりでハンターの気持ちが折れたような気がします。

中途半端なボクシングを展開し、最後まで見せ場を作ることが出来ませんでした。ホントにアメリカから何しにやってきたのでしょうね。

もっとも、セルビーは手数を出して前にでるだけでしたが。

 

まれにみる凡戦でした。

 

3-0(115-111、116-110、116-110)でセルビーの判定勝ち。

セルビーは、パンチ力はないし、スピードもないし、ディフェンスは甘いし、とても強いとは思えないのですが、予想以上にやりにくいのでしょうね。

次は天笠尚に勝ったジョシュ・ウォーリントンと対戦するはずです。

 

www.boxing-blog.com

 

イギリス人対決で盛り上がるのでしょうが、試合内容は凡戦必至ですね。

No tags for this post.

2 Comments

評論家

亀田和毅とマクドーネルの試合思い出しましたね
こいつもイギリス人ですがとにかくでかいだけ、手数が多いだけで退屈
亀もダウンを奪っておきながら相手のプレスに後退してとにかく差がないラウンドが続き判定負け
イギリスのボクサーは基本退屈ですわ

返信する
stonemeintothegroove

評論家さん、同感です。
天笠と対戦したジョシュ・ウォーリントンもひどかったですね。

返信する

stonemeintothegroove にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)