わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)がバンタム級でも開催されるようですね。井上尚弥もシード候補!

▼最新記事

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級

このシリーズはすでにクルーザー級とS・ミドル級で開催されています。

8人がエントリーして、トーナメント方式で優勝者を決める大会です。

この度、バンタム級でも行うことがほぼ決まったようですね。

 

すでに参加を表明しているのは、

WBAスーパー王者 ライアン・バーネット(イギリス)

WBO王者     ゾラニ・テテ(南アフリカ)

IBF王者      エマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

そして、井上尚弥がジェイミー・マグドネル(イギリス)に勝ってWBAタイトルを獲得すれば、上記3名のシード選手の仲間入りするのは、ほぼ間違いないでしょう。

 

シード選手のプロフィール

その前に、このトーナメントの簡単な仕組みをご紹介してしておきましょう。

シードされた選手4人は、世界ランク10位以内の選手と1回戦を戦います。

基本的にはこれが自分の保持するタイトルの防衛戦となりますね。

そして、勝者が2回戦に進むわけですが、仮に井上が1回戦をクリアしますと、2回戦は当然、上記3選手と対戦する可能性が極めて高いと言えるでしょう。

個人的には、まずバーネットあたりが手ごろで、決勝でテテかロドリゲスが理想ですね。

優勝しますと、なんと1000万ドル(約11億円)を手にすることになります。

それではエントリーした選手を簡単にご紹介します。

 

ライアン・バーネット

www.boxing-blog.com

 体幹は強いかもしれませんが、怖さはないですね。

19戦全勝9KO、25歳。

一番井上としては戦いやすい相手だと思います。

 

ゾラニ・テテ

29戦26勝21KO3敗、29歳。

www.boxing-blog.com

 

一番不気味な選手ですね。

基本的には、アウトボクサーですが、倒す気になると結構強いパンチを持っています。

試合によってムラがあり、つかみどころのないボクサーです。

 

エマニエル・ロドリゲス

18戦全勝12KO。25歳。

ベテランのポール・バトラーに初回2度のダウンを奪う圧勝で、IBFのタイトルを獲得しています。

井上にとっては、ライバルの本命と言われています。

優勝候補は

井上にとっては、長身(178㎝)のマグドネルが一番の難敵のような気がします。

やりにくいでしょうね。

これをクリアすれば、あっさり1000慢ドルを手にするような気がします。

とりあえずいつものように、勝手なWBSSのランキングをご紹介します。

 

1位 井上尚弥

2位 ゾラニ・テテ

3位 エマニエル・ロドリゲス

4位 ライアン・バーネット

 

とにかく、楽しみなトーナメントですね。