わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

パンチ力が物足りないホープ、ライアン・マーティン。 アミール・カーンを倒したベテランを倒せず VSフレイディス・プレスコット

▼最新記事

ライアン・マーティン(アメリカ)VSフレイディス・プレスコット(コロンビア)

S・ライト級8回戦(2018年5月6日)

f:id:stonemeintothegroove:20180508113544j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180508113556j:plain

(出典:WOWOW)

マーテインは、21戦全勝12KO、25歳。IBFライト級6位。

プレスコットは、43戦31勝22KO12敗、34歳。

アミール・カーンにKOで勝ったことで有名ですね。しかも、それがカーンの初黒星ですから。

パンチ力だけだと、プレスコットの方があるかもしれません。

結構、名のある選手と対戦しています。

マーティンがボディブローでダウンを奪うが

左ジャブを突いて前に出るマーティンに対して、プレスコットは下がりながら様子を見ています。

マーティンは、ガードも堅く、左のボディブローのダブルもうまいですね。

ただ、右を打った後、右手を振っていたのが気になります。痛めたときによくやるしぐさです。

プレスコットの、ボディへのストレートがいいですね。

マーティンは左の使い方はうまいのですが、右の精度があまりよくありません。

どうも、マーティンは右を痛めた感じがします。

 

4ラウンドにマーティンのボディブローで、プレスコットがダウンしました。

が、レフリーはローブローと判断したようですよ。

しかし、ビデオ再生を見ると、右がアッパー気味に、プレスコットのボディをとらえています。レフリーの判断ミスですね。

f:id:stonemeintothegroove:20180508114809j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180508114940j:plain

 (右のボディアッパーがきれいにプレイスコットのボディをとらえています)

2度目のボディブローでまた、プレスコットがダウンしましたが、これもレフリーはローブローと判断したようです。

まあ、このボディは少し低いようですね。

大の字になり、マウスピースを吐き題したプレスコットは、試合を諦めた感じに見えましたが、試合は続行されるようです。

f:id:stonemeintothegroove:20180508114920j:plain

(大の字に倒れこむプレイスコット)

マーティンはこの反則で減点1を取られました。

5ラウンドのダウンで決まったかと

5ラウンド中盤、マーティンがプレスコットをコーナーに追いつめて、右アッパーから左フックの返しで、プレイスコットからダウンを奪いました。

今度は完全にダウンです。

f:id:stonemeintothegroove:20180508120248j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180508120255j:plain

(右アッパーが効いたようですね)

f:id:stonemeintothegroove:20180508120349j:plain

(今度は正真正銘のダウン)

これで決まりでしょうね。

おっと、立ってきましたよ。

しかも、プレイスコットは反撃してきました。マーティンは無理をしません。

6ラウンドにマーティンがまた強めに出てきました。

しかし、プレイスコットは粘りますね。頭をつけ合って接近戦で応戦します。

プレイスコットの粘りで倒せず

マーティンが左右のパンチをかなり強引に打ち込みますが、クリーンヒットせず、プレイスコットも打ち終わりに反撃してきます。

結構、マーティンの強い左ボディがヒットしますが、プレイスコットはしぶとく応戦してきて、ついに最後まで粘りました。

 

判定は3-0(79-71、79-71、77-73)でマーティンの勝利。

マーティンが力んで打つパンチは、どうもキレがない感じですね。

特に右は少しオープン気味で握りが甘いような気がします。

恵まれた体格をしていますので、もう少しパンチにキレがあれば、世界を狙えると思います。