わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

こんな試合は中止すべきです。オスカル・バルデスは顎を骨折しながら、3キロも重い相手に最後まで戦い4度目の防衛成功 VSスコット・クイッグ

▼最新記事

オスカル・バルデス(メキシコ)VSスコット・クイッグ(イギリス)

 WBO世界フェザー級タイトルマッチ(2018年3月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20180503114118j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180503114144j:plain

(出典:WOWOW)

バルデスは、23戦全勝19KO、27歳。

4度目の防衛戦ですが、過去3度の防衛戦で、KOしたのは大沢宏晋だけ。

バルデスの強打もやや湿りがちですね。もっとも、解説の浜田剛史さんは「巧打者」という表現をしていました。相手のパンチをもらわずに、パンチを当てるのは確かに上手いですね。

クイッグは、37戦34勝25KO1敗2分け、29歳。WBO10位。

元WBA世界S・バンタム級チャンピオン(6度防衛)。

 

階級を上げたにも関わらず、クイッグは前日計量で体重オーバーし、失格となっています。最近、ホントに多いですね。もううんざりです。

すったもんだがあったようですが、何とか試合にこぎつけました。

しかし、試合当日はクイッグが3キロも多かったようですよ。これはダメでしょう。

 

序盤はバルデスの技巧が光る

やはり、クイッグの方が一回り大きく見えますね。

クイッグはイギリス人ファイターらしく、前に出てガードの上からパワフルなパンチを放ってきます。

バルデスは前に出てきたクイッグが射程内に入ったら、速いパンチをビシビシとヒットし、特に左ボディブローは強烈です。並みのボクサーならこの一発で悶絶するでしょうね。

f:id:stonemeintothegroove:20180503115335j:plain

(バルデスの左ボディブローは秀逸です。何度もクイッグの右わき腹にヒットします)

クイッグはプレッシャーをかけて前に出ますが、手が出ません。

クリーンヒットの数では、ひょっとしたら10倍ぐらいバルデスの方が多いかもしれません。

徐々に体重の差が…そして

パンチを先にヒットし、ポイントをリードしているのはバルデスですが、決してペースを握っている感じはありません。少し口を開け、3キロも重いクイッグの圧力に押され気味で、余裕は感じられません。

そして、5ラウンド。

かなりバルデスの強いパンチをもらっているにもかかわらず、お構いなしに前に出てプレッシャーをかけてくるクイッグの右フックがバルデスの顎にヒット。

バルデスはたたらを踏んで、バランスを崩します。

 

f:id:stonemeintothegroove:20180503120032j:plain

(バルデスの顎を骨折させたクイッグの右フック)

どうやらこの右フックで、バルデスは顎を骨折したようです。

バルデスの左ボディで流れを取り戻す

中盤は、さすがにバルデスのパンチにキレがなくなり、クリーンヒットが少ないとはいえ、クイッグのパワーに押され気味になっていきます。

しかし、9ラウンドに起死回生のバルデスの左ボディブローがヒットし、クイッグの体が九の字になりました。

f:id:stonemeintothegroove:20180503121344j:plain

(クイッグが少し気を抜いたところへヒットした左ボディブロー)

これはかなり効いたようですね。少し力を抜いたときに打たれたボディブローは効きます。

息を吹き返したバルデスの動きがよくなり、パンチにもややキレが戻ってきました。

一方のクイッグは、相変わらずプレッシャーをかけて前に出ますが、さすがに手数が減ってきた感じです。

 

終盤の2ラウンドのバルデスの踏ん張りはすごいですね。

もう、バテバテなのは明らかです。しかし、渾身の力を振り絞って、パンチを放ちます。序盤の頃のキレはありませんが、それでも手数では圧倒していました。

ボクシングのスキルは、圧倒的にバルデスが上でした。

クイッグが優っていたのは、「体重」だけです。

こんなつまらんボクサーは、早く引退してほしいですね。

 

 

試合後すぐ病院へ直行したバルデスですが、年内復帰は難しいとのことです。

この試合は中止すべきでしたね。