わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

優勝候補筆頭のオレクサンダー・ウシクがきわどい判定でWBSS決勝進出 VSマイリス・ブリーディス

▼最新記事

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)VSマイリス・ブリーディス(ラトビア)

WBO・WBC世界クルーザー級王座統一戦(2018年1月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20180420104100j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180420104107j:plain

(出典:WOWOW)

この試合はWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の準決勝戦でもあります。

ウシクは13戦全勝11KO、31歳のサウスポー。WBO王者。

WBSSのトーナメントでは優勝候補の筆頭に挙げられています。

村田諒太と同じく、ロンドンオリンピックのヘビー級で、金メダルを獲得しています。

準決勝でアルツール・ベテルビエフに勝ってんですね。

 

ブリーディスは23戦全勝18KO、33歳。WBC王者。

ラトビアが生んだ初めての世界チャンピオンです。

ラトビアは、「バルト三国」の一つです。昔学校で習って以来、久しぶりに耳にしました。

 

序盤はブリーディスが攻勢

序盤はブリーディスが前に出てプレッシャーをかけます。

なかなか回転の速いコンビネーションを打ちますね。

ウシクは様子を見ているのか、下がりながら右ジャブを突き、距離をキープします。

一進一退の攻防が続きますが、序盤はややブリーディスが優勢に見えました。

 

ウシクのボディブローでブリーディスが失速

5ラウンドにペースを取りに来たウシクのボディブローが効いて、ブリーディスが下がり出します。

6ラウンドからは完全にウシクがペースを握り、手数も増えてきます。

ウシクが右ジャブでブリーディスをコントロールし、ブリーディスが押され気味の展開が続きます。

前に出てプレッシャーをかけるのはウシク。序盤の勢いをなくしたブリーディスは手数も減ってきます。

最終回こそブリーディスが最後の力を振り絞り、反撃に転じましたが、時すでに遅し。

ウシクは危なげなくこの反撃を捌き、勝敗は判定に持ち込まれます。

 

ブリーディスが良かったのは序盤と最終ラウンドだけ。後は完全にウシクが試合をコントロールしていたように見えましたが、判定は意外にも競っていました。

2-0(114-114、115-112,115-112)の危うい採点で、ウシクが決勝進出を果たしました。

しかし、114-114はないでしょう。

 

WBSSの決勝は、ムラト・ガシエフVSオレクサンダー・ウシクの好カードとなりました。

強い!のはガシエフですが、ウシクの右ジャブがかなり邪魔になりそうな気がします。

それと、ウシクがサウスポーという点。

ウシクがガシエフの左フックで倒されるところが見たいですね~