わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)比嘉大吾VSクリストファー・ロサレス  WBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉9RTKO負け!

▼最新記事

比嘉大吾(白井・具志堅)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア)

WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20180416111107j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180416111120j:plain

(出典:フジテレビ)

前日計量で900gオーバーの大失態をやらかした比嘉ですが、どうやらとらえず当日計量(55、3キロ)は何とかクリアしたようです。

したがって、試合は行われますが、もちろん比嘉のタイトルは剥奪。

比嘉が勝つか引き分けた場合は、タイトルは空位になり、ロサレスが勝った場合のみタイトル獲得ということになります。(もう、毎度おなじみのフレーズですね。嫌になります)

比嘉は、15戦全勝15KO、22歳。この試合は比嘉の防衛戦でもあり、16連続KOの日本新記録もかかっていました。

 

ロサレスは29戦26勝17KO3敗、23歳。WBC2位。

 

比嘉としては、気持ちを切り替えて、16連続KOを狙うしかないでしょうね。

まあ、私としてはこういった記録には、あまり興味はないのですけどね。

汗一滴もでない状態まで絞った比嘉としては、とても万全の状態ではないことは明らかです。

試合が長引けばそれだけ不利ですから、前半、いや序盤勝負でしょう。

ロサレスもパンチ力はありますから、返り討ちに合うことは覚悟しなければなりません。

 

試合経過)

試合開始は午後8時ごろです。フジテレビ系列で生中継されます。

とにかく、比嘉の動きに注目です。どこまで体力が回復しているか、それにつきますね。

ジミー・レノン・ジュニアが来てますよ!

f:id:stonemeintothegroove:20180416111143j:plain

 1R)

なんだか、顔色が悪い気がします。気のせいですかね。

ロサレスが一回り大きい感じです。同じ階級とは思えないです。

f:id:stonemeintothegroove:20180416111205j:plain

(この日の比嘉はとても小さく見えました)

少しジャブをもらいすぎかな。押されていますね。パワー負けしています。

2R)

比嘉の左ボディはいいですよ。

しかし、打ち終わりに、ロサレスのパンチ飛んできます。

やはり比嘉の動きにキレがないですね。しかもパワーがありません。

3R)

比嘉の左はスピードがあります。

しかし、ロサレスのパンチは重そうですね。

比嘉のディブローがあまり効いていないような気がします。

4R)

ロサレスのジャブがうるさいですね。

比嘉はどうしてもパワー負けしているようです。

比嘉の動きは悪くないですが、パンチがいかにも軽い感じです。

5R)

ここまで、2-1でロサレスがリード。

 

手数で負けていますし、パワーも負けていますね。

比嘉もそれなりにうまく戦っていますが、パンチにいつもの威力が感じられません。

比嘉が執拗にボディブローを打ちますが、ロサレスも負けずに打ち返してきます。

倍以上のパンチが返ってきます。

6R)

ロサレスが重いパンチで応戦してきます。

少し比嘉はパンチをもらいすぎですね。いままでこんなシーンは記憶にありません。

ロサレスの重いパンチが比嘉をとらえます。苦しいですね。

かなり比嘉苦戦していますよ。

7R)

比嘉の右のパンチに威力がありません。

右がややオープン気味で、ナックルが返っていません。

比嘉のボディがようやく効いてきた感じですが、その数のパンチが返ってきます。

8R)

比嘉はまだ動けています。

ロサレスはとにかく手数が多い。逆に比嘉の手数が減ってきました。

打ち合いはロサレスの方が優勢です。

比嘉のダメージが大きいですね。

9R)

2-0でロサレス。

重いパンチでロサレスが勝負にきましたよ。

苦しい!比嘉。

おっと、比嘉のセコンドがギブアップしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20180416111302j:plain

ある程度予想はしていましたが、比嘉、無念の9RTKO負け。

ロサレスは比嘉のパンチに威力がないのを、序盤で分かっていたような気がします。

 

しばらく休んで、階級を上げて、再起を期待しましょう。