わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

16連続KOの新記録樹立なるか 比嘉大吾VSクリストファー・ロサレス WBC世界フライ級タイトルマッチ(4月15日)

▼最新記事

比嘉大吾(白井・具志堅)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア)

WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20180406130133j:plain

(出典:フジテレビ)

比嘉はわずか70日にインターバルで防衛戦に挑みます。

15戦全勝15KO、22歳。言わずと知れたパーフェクトレコードホルダーです。

先日、アンソニー・ジョシュアがジョセフ・パーカーに判定勝ちし、連続KOが途切れましたので、現役世界チャンピオンでは、IBFライトヘビー級のアルツール・ベテルビエフ(12勝12KO)と比嘉大吾の二人だけとなりました。

ロサレスは29戦26勝17KO3敗、23歳。WBC2位。

1位のアンドリュー・セルビーが来日を拒否しましたので、2位のロサレスにお鉢が回ってきた次第です。

ちなみに、セルビーはIBFフェザー級王者のリー・セルビーの弟です。

イギリス人はどうやら日本が嫌いみたいですね。

 

体格差と比嘉の減量

ロサレスは、日本嫌いのセルビーとイギリスで対戦し、大差の判定負けを喫しています。

この試合を動画で見ましたが、1ラウンドにいきなりダウンを奪ったときは、ロサレスの楽勝かと思いました。

しかしここで、詰め切れなかったロサレスが、セルビーのフットワークとスイッチを繰り返す変則ファイトに幻惑され、最終ラウンドまで攻め続けながらも、判定負け。

7~9ポイントも差がついていましたが、私にはダウンを奪った分、ロサレスが優位に見えました。

 

ただ、勝った方のセルビーの方が、比嘉には戦いにくいかもしれません。

 

まず気になるのは、ロサレスの身長が170㎝と比嘉より10㎝も高いこと。リーチ差はもっとありそうです。

長身ながらロサレスは好戦的なファイターであることが、救いですし、フットワークもそれほど速くはなさそうなので、比嘉がロサレスを捕まえるのは容易でしょう。

ただ、セルビーからダウンを奪っていますし、KO率も高いことから、ロサレスの距離でパンチをもらうと危険ですね。

 

もう一つの心配が比嘉の「減量苦」です。70日のインターバルで試合をこなすのは、それに対する対策かもしれませんが、相手がそれほど減量に苦労しないタイプのようですので、調整に失敗すると、後半かなり苦労するかもしれません。

戦力比較

パンチ力、スピード、フットワーク、どれをとっても比嘉に軍配が上がりますね。

ロサレスは、しぶといファーターでスタミナもあるようですが、パンチにスピードはないですし、ディフェンスも甘い感じがします。ただ、セルビー戦では、パンチをもらっても、柔らかい体でダメージを殺していたように見えました。

ねらい目はボディブローでしょうでね。

大方の予想は比嘉の後半KO勝ち

ロサレスはスタミナがあって打たれ強そうですので、「前半にボディブローで戦力をそぎ落とし、後半勝負」というのが大方の見方のようです。

しかし、ロサレスが長身の割に、攻勢的なファイターですので、うまくかみ合えば、私は意外と早い回に倒せるのでは、思っています。

 

そして、次のターゲットは当然、シーサケット・ソールンビサイです。