わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

フライ級最強をアピール!ドニー・ニエテスが指名挑戦者にTKO勝ち VSファン・カルロス・レべコ

▼最新記事

ドニー・ニエテス(フィリピン)VSファン・カルロス・レべコ(アルゼンチン)

IBF世界フライ級タイトルマッチ(2018年2月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20180327130743j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180327130750j:plain

(出典:WOWOW)

ニエテスは、昨年4月に獲得した3階級目のIBFタイトルの初防衛戦です。

45戦40勝22KO1敗4分け、35歳。

2007年にWBOミニマムの王者になって、階級を上げながら、なんと10年も世界のトップ戦線で戦ってきたことになります。

35歳は、軽量級としてはかなり厳しい年齢ですが、そのボクシングは年齢を感じさせません。

 

レべコは42戦39勝19KO3敗、34歳。

レべコも2007年6月にWBAのライトフライ級タイトルを獲得し、2015年4月、井岡一翔選手に判定負けで2階級目のWBAフライ級王座を明け渡すまで、10年近く世界のトップに君臨してきました。

そして、12月の再戦で井岡選手にプロ初のTKOを喫し、王座返り咲きに失敗しています。

しかし、昨年9月に挑戦者決定戦で大差判定勝ちをおさめ、3年ぶりの王座返り咲きのチャンスを獲得しました。

 

序盤はお互いペースを譲らず

パワーではニエテスですが、スピードはレべコの方がありますね。

ニエテスは左ジャブを突きながら、レべコの力量を図っています。

両者、慎重な立ち上がりで、かなり高度な技術戦の様相を呈してきました。

このスキル合戦に業を煮やした観客から、早くもブーイングが聞こえ出します。

 

4ラウンドにニエテスがギアチェンジ

レべコの力量を見切った感じのニエテスが、4ラウンドからかなり力のこもったパンチを放ってきます。

解説の飯田さんによると、「スピードで対抗は不利と思ったニエテスが、パワー勝負に切り替えた」ということです。

レべコもこのパワーに負けまいと、少し力み気味にパンチを放って応戦します。

しかし、ニエテスの構えは自然体で、レべコの反撃を柔らかく捌き、パンチをボディに集めます。

5ラウンドに終盤には、ニエテスの綺麗なワンツーがヒットしました。

 

ニエテスがペースを握る

6ラウンドには、完全にペースを握ったニエテスに余裕が出てきました。

レべコのパンチを見切ったニエテスが、左フックの相討ちでも完全に打ち勝っていました。

そして、ラウンド終了間際に強引に攻めたレべコに、ニエテスの右ストレートのカウンターがヒットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180327135710j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180327135719j:plain

(レべコの強引な右に対して、ニエテスの右ストレートのカウンターがきれいにヒット)

このパンチでレべコの足がばたつき、ゴングが鳴ってコーナーに戻る足取りはかなり怪しく、セコンドに抱きかかえられるようにして、ようやくコーナーに戻りました。

レべコのダメージはそうとう深刻です。ひょっとしたら、このままギブアップも考えられる状況ですね。

 

なんとか7ラウンドのゴングに応えてコーナーから出てきたレべコですが、すぐにニエテスの右ストレートをあびて、ロープに詰まります。

f:id:stonemeintothegroove:20180327142222j:plain

(ニエテスの右ストレートがヒット)

 そして、細かいボディの連打の後、ニエテスの左フックがレべコの顎をとらえ、ついにレべコがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180327143032j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180327143044j:plain

(ニエテスの左フックがレべコの顎を打ち抜く)

何とか立ってきたレべコですが、コーナーからのギブアップ要請に、レフリーが試合をストップしました。6ラウンド終了でギブアップした方がよかったと思いますね。

レべコは、これで完全に世界戦線から脱落しました。引退かもしれませんね。

 ニエテスの次戦は

 

アメリカで、指名挑戦者をTKOで倒して初防衛に成功したニエテスは、フライ級最強を世界にアピールした感じですね。

私は比嘉大吾の方が強いと思っていますが、やはり実績が違います。

まだ、一度も見たことがありませんが、WBA王者のアムテル・ダラキアン(ウクライナ)もなかなかやりにくそうな選手みたいですよ。

ニエテスはこの日のメインのシーサケットVSエストラーダの勝者か、ローマン・ゴンザレスとの対戦を望んでいるようです。

となると、S・フライ級へ階級を上げるかもしれませんね。