わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

伊藤雅雪 世界前哨戦でフィリピン10位を力づくで倒す VSベルケル・プトン

▼最新記事

伊藤雅雪(伴流)VSベルケル・プトン(フィリピン)

ライト級10回戦(2018年3月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20180306111630j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306111637j:plain

(出典:日テレG+)

伊藤は24戦22勝11KO1敗1分け、27歳。

WBOアジアパシフィックS・フェザー級王者。WBO1位をはじめ、すべて団体で世界ランクに顔を出しています。

伊藤は、この試合を世界前哨戦と位置づけています。

プトンは26戦17勝8KO9敗、28歳。フィリピンS・フェザー級10位。

  

力の差は歴然

初回から、伊藤の右ストレートのタイミングが合っていました。

そしてラウンド終盤、もみ合って離れる瞬間に、伊藤の右ストレートの打ち下ろしがヒットすると、プトンの膝が折れ大きく体勢を崩します。私はこのパンチが一番効いたような気がします。

f:id:stonemeintothegroove:20180306112511j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306112518j:plain

(右ストレートの打ち下ろしがプトンの顎をとらえ、大きく体勢を崩します)

 

2ラウンドには絶妙のタイミングで伊藤の右ストレートがプトンのボディにヒットし、バランスを崩すようにプトンがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180306112922j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306112927j:plain

(伊藤の右の当て勘は素晴らしいですね。少しプッシュ気味でしたがダウンを奪います)

しかし、これはバランス崩しただけで、ほとんどダメージはなかったと思います。

 

3ラウンドからは試合は一方的になってきます。

伊藤は多彩な左ジャブを駆使し、右ストレートを再三ヒットさせます。

f:id:stonemeintothegroove:20180306113247j:plain

(右ストレートの当て勘は抜群です。ほぼ狙い打ちですね)

7ラウンドにヒヤッと

一方的な伊藤ペースで再三パンチをヒットさせますが、プトンは予想以上にタフで、なかなか決定的なダメージを与えることが出来ません。

油断すると、打ち終わりを狙ってパンチを放ってきます。

そして、伊藤が強めに出て、明らかに倒しに行った7ラウンドに、危ない場面がありました。

このラウンドもほぼ一方的で、伊藤がコーナーに詰めて強引にパンチを放っていったとき、プトンの右フックのカウンターが伊藤の顎をとらえ、伊藤がガクッと腰を落とします。

 f:id:stonemeintothegroove:20180306114020j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306114030j:plain

(強引にコーナーに詰めて連打する伊藤に、プトンの右フックカウンターが飛んできました)

うまくクリンチで逃げ、大事には至りませんでしたが、ヒヤッとした場面でしたね。

 

判定かな思った終盤にやっと

8ラウンドは少し休憩した感じの伊藤が、9ラウンドに一気に出ます。

最初のダウンは右を引っ掛けて倒した感じでしたが、プトンの足の踏ん張りがなくなってきているのは明らかです。

 f:id:stonemeintothegroove:20180306114756j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306114806j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306114829j:plain

(ちょっと右引っ掛けて倒した感じのダウン

止めのダウンも、最後はプトンが右空振りして自分から転んだような感じでしたが、そこまでの伊藤の右が効いていたのでしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20180306115241j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180306115247j:plain

(コーナーに詰めて右のアッパー、右ストレートの連打。このパンチが効いていました)

f:id:stonemeintothegroove:20180306115347j:plain

(最後は、自らバランスを崩して倒れた感じのダウンでしたが)

7ラウンドのヒヤッとした一瞬を除いては、ずっと伊藤のワンマンショーでしたから、レフリーがこのダウンで試合をストップしても仕方がないでしょう。

 

随所に上手さを見せ、左のジャブも多彩で、しかも右ストレートの当て勘は抜群。残念なのは決め手のパンチ力だけですね。

この日も結局、相手を完全にノックアウトしたTKOではありませんでした。

まあ、ライト級は伊藤には少し重いですね。随分余裕が感じられる体つきでしたから、私にはフェザー級まで絞れるように見えました。

 

現在、WBO1位ですが、WBO王者はあの天才ワシール・ロマチェンコです。

ただ、ロマチェンコはライト級へ上げるという噂もあり、空位になれば伊藤にチャンスが巡ってくるでしょう。