わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ディオンテイ・ワイルダー 過去最強の挑戦者を迎える VSルイス・オルティス WBC世界ヘビー級タイトルマッチ 大苦戦の末、10RTKO勝ちで防衛成功

▼最新記事

ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSルイス・オルティス(キューバ)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2018年3月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20180305114152j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305114200j:plain

(出典:WOWOW)

ワイルダーは39戦全勝38KO、32歳。これが7度目の防衛戦となります。

オルティスは30戦28勝24KO2無効試合、38歳のサウスポーです。

この二人は2017年9月に対戦予定でしたが、オルティスの薬物疑惑で中止になっています。

両者の体格比較。

ワイルダー  身長201㎝  リーチ211㎝ 

オルティス  身長191㎝  リーチ198㎝

体重はオルティスの方が10キロ以上重いようです。しかし、ヘビー級だけは体重制限がありませんので、当たり前ですが、これによる失格はありません。

 

ワイルダーは、唯一KOできなかったバーメイン・スティバーンをあっさり3分で片づけ、調子は万全です。気になるといえば、オルティスがサウスポーという点だけですね。

オルティスに勝てば、いよいよアンソニー・ジョシュアとの頂上決戦が待っています。

 

試合経過)

この試合はWOWOWで生中継されます。

12時放送開始です。

 

村田諒太、曰く、「ワイルダーのストレッチを見ていると、体は柔らかくない」ということです。このあたりは、パンチを打たれた時の耐久性に大きく影響します。

30分経ちますが、いつものようなアンダーカードの放送はありませんね。

どうやらいきなり、ワイルダーVSオルティスが始まるようです。

 

1R)

オルティスが前に出て左ストレートを狙っています。

ワイルダーはかなりこの左を経過し、距離を取っています。

2R)

オルティスがプレッシャーをかけて、前に出ます。

ワイルダーはオルティスの左をかなり警戒し、あまりパンチが出ません。

やはりサウスポーはやりにくそうですね。

3R)

オルティスがプレッシャーをかけて前に出ます。

ワイルダーは、オルティスの左をかなり警戒してます。

そして、この左にカンターを合わせようとしている感じです。

ワイルダーは、ようやくオルティスの動きが読めてきた感じがします。

しかし、ワイルダーはまだほとんどパンチを打っていません。

ここまで、両者ホントに慎重です。

4R)

この回も、前に出るのはオルティスです。

ワイルダーは、少しずつ右ストレートの距離が合ってきた感じです。

ワイルダーの体がほぐれてきました。

しかし、終盤オルティスの左が軽くヒットしました。

5R)

少し距離が近くなってきました。

ペースはオルティスが握っている感じです。

どうも、ワイルダーの動きがぎこちないですね。

ラウンド終盤、ついにワイルダーの右ストレートがヒットしました。

オルティスが足をばたつかせてダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180305114310j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305114320j:plain

(ついにワイルダーの右がヒットし、オルティスの足がばたつく)

f:id:stonemeintothegroove:20180305114349j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305114359j:plain

(追撃の右でオルティスがダウン)

立ってきたオルティスは、ゴングに救われました。

6R)

さあ、ワイルダー。右のタイミングはあってきましたね。

お互い打ち合います。オルティスはまだダメージがありますね。

お互い、迫力満点のパンチが交錯します。

なかなかスリリングな試合になってきましたよ。

7R)

オルティスが少し回復してきて、スピードが戻っていきました。

逆にワイルダーは少し疲れました。動きが重いですね。

今度はワイルダーがピンチです。オルティスのカウンターがヒットし、ワイルダーの動きが止まりました。

f:id:stonemeintothegroove:20180305114820j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305114715j:plain

(オルティスの右カウンターがワイルダーの顎をとらえ、さらに左ストレートのカウンターもヒット)

そして、オルティスが連打でワイルダーを滅多打ちします。

f:id:stonemeintothegroove:20180305115019j:plain

(オルティスがワイルダーをロプに詰めて滅多打ち)

ワイルダーダメージはかなり深刻です。もういつ止められてもおかしありません。

8R)

オルティスが左を狙い撃ちます。ワイルダーはこれを必死でかわします。

ワイルダーはまだパンチに威力が戻っていません。

しかし、オルティスもかなり疲れています。

9R)

また、ワイルダーが距離を取ります。

オルティスは疲れからか、手があまりでません。

オルティスが出ましたが、ワイルダーは応戦しません。ワイルダーはまだ回復を図っている感じです。

ワイルダーの右がカウンターで軽くヒットしました。

10R)

ワイルダーのカンターがヒットし、オルティスがダウンしましたが、レフリーはスリップダウンの裁定です。

f:id:stonemeintothegroove:20180305115155j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305115208j:plain

(ワイルダーの右ストレートがカンターでヒット)

しかし、オルティスはなかなか立ち上がれません。

f:id:stonemeintothegroove:20180305115337j:plain

(スリップダウンからなかなか立ち上がれないオルティス)

立ってきたオルティスにワイルダーが襲い掛かります。

連打をあびて、オルティスがダウンしました。かなり苦しい。

f:id:stonemeintothegroove:20180305115550j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305115559j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20180305115921j:plain

(左右の連打をあびてオルティスが今度はノックダウン。ダメージは深刻です)

なんとか立ってきましたが、ワイルダーがとどめを刺しに来ます。

連打で攻め立て、右アッパーがヒットし、オルティスがダウン!

f:id:stonemeintothegroove:20180305115947j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305115957j:plain

(左右を振り回した後、右をコンパクトにたたんでとどめのアッパーカット)

レフリーはすぐにストップしました。

 f:id:stonemeintothegroove:20180305120140j:plain

ワイルダー、苦しい苦しい防衛戦を勝ち抜きましたす。10RTKO勝ち。

これは年間最高試合の候補ですね。ちなみに私のベストラウンドは6ラウンドです。ヘビー級の醍醐味が3分間に詰まっていた感じがします。

それにしても、オルティスは予想以上に強かったですね。